操作・設定関連

RovoCam 単体ではご利用いただけません。
最小構成として専用レシーバー RovoRx-HDMI または RovoCam 用電源ユニット、および HDBaseT 規格に準拠したレシーバーが必要です。

【HDBaseT レシーバーについて】

UHD (3840x2160) 映像出力対応レシーバーを用いることにより、最大 3840x2160/30p の UHD 動画が出力可能です。
AJA製品の場合、RovoRx-HDMI と HB-R-HDMI が対応可能です。
RovoRx-HDMI を用いることにより、映像信号と RovoCam 用電源 (下記「電源について」を参照)、音声信号、制御信号を Ethernet ケーブル (Cat5e 以上) 一本で伝送可能です。

【電源について】

RovoRx-HDMI を用いることにより、RovoCam 用電源、映像信号、音声信号、制御信号を Ethernet ケーブル一本で伝送可能です。
RovoRx-HDMI 付属の AC アダプターより、RovoRx-HDMI と RovoCam に電源を供給します。
RovoRx-HDMI 以外の HDBaseT レシーバーを使用する場合、RovoCam 背面の 12V DC 端子に市販の外部電源ユニット (DC12V/1A 以上) を直接接続します。

【カメラの制御や各設定について】

電源と HDBaseT レシーバーがあれば、UHD (3840x2160/30p) の映像が出力可能です。
この場合、レンズは最短焦点距離 (Wide)、フォーカス、絞りは AUTO、ホワイトバランスはリアルタイム・オート・ホワイトバランスとなります。

レンズの操作をはじめ RovoCam の様々な機能の設定を行う場合、VISCA 規格準拠のコントローラー (VISCA コントローラー) を RovoCam 背面の RS-232 端子 (3.5mm ミニプラグ) に接続します。
RovoRx-HDMI を用いることにより、RovoRx-HDMI に VISCA コントローラーが接続可能です。

また、PC より USB ケーブルを接続して RovoCam 専用ソフトウェア RovoControl が使用可能です。
この場合、映像信号と RovoCam 用電源、音声信号、制御信号を Ethernet ケーブル一本で伝送可能です。


RovoRx-HDMI の電源は、必ず付属の AC アダプター (DC +48V) をお使いください。
投稿日: 2016年 7月 04日 (月)
役に立ちましたか?
左右画像反転、上下画像反転、IR カットフィルター ON/OFF 切替え機能などです。
また、RovoCam 専用ソフトウェア RovoControl を用いることにより、UHD 画像から HD 画像に切り出す簡易パン・ティルト・ズーム機能の“ePTZ”をはじめ、RovoControl オリジナル機能もあります。

※これらの機能を利用するためには、ファンクションが割り当てられた対応コントローラーが必要です。
投稿日: 2016年 7月 04日 (月)
役に立ちましたか?
USB コネクターは、RovoRx-HDMI の各設定およびファームウェアアップデート専用の端子です。
RovoCam の制御は RovoRx-HDMI および RovoCam の RS-232 コネクターからコントローラー (VISCA 方式) による制御となります。
投稿日: 2016年 7月 04日 (月)
役に立ちましたか?
RovoRx-HDMI は +48V の専用アダプタのため、ミニコンバーターシリーズの AC アダプターは使えません。
投稿日: 2016年 7月 04日 (月)
役に立ちましたか?
可能です。例えば、AJA ミニコンバーター HB-T-HDMI や HB-T-SDI を送信機としてご使用いただけます。
ただし、HB-T-SDI は 4K/UHD をサポートしていません。
投稿日: 2016年 7月 07日 (木)
役に立ちましたか?
別途外部電源ユニットと HB-R-HDMI をご用意いただくことにより、UHD (3840x2160/30p) の映像が出力可能です。
RovoCam 背面の 12V DC 端子に市販の外部電源ユニット (DC12V/1A 以上) を直接接続します。
この場合、レンズは最短焦点距離 (Wide)、フォーカス、絞りは AUTO、ホワイト・バランスはリアルタイム・オート・ホワイトバランスとなります。
レンズの操作をはじめ RovoCam の様々な機能の設定を行う場合、VISCA 規格準拠のコントローラー (VISCA コントローラー) を RovoCam 背面または HB-R-HDMI の RS-232 端子 (3.5mm ミニプラグ) に接続します。
投稿日: 2016年 7月 07日 (木)
役に立ちましたか?
ePTZ は UHD(3840x2160) の映像より 1/4画面サイズ (1920x1080) で映像を切り出し、切り出した映像を等倍のまま、HD (1920x1080) 映像信号として出力する機能です。
RovoControl での Output Format は 3840x2160 に設定した上で、ePTZ を設定してください。
ePTZ の映像出力は解像度 1920x1080、フレームレート59.94p (または 25p) で出力しますが、29.97p(または 25p) の UHD(3840x2160) 映像より切り出しの上、フレーム・レート補完を行っています。
そのため、若干のコマ落ち感があります。
投稿日: 2016年 7月 07日 (木)
役に立ちましたか?
RS-232 に準拠した通信を用い、RovoCam のようなカメラ機器を制御する方式です。
VISCA コントローラーにより、レンズのズームやフォーカスの操作などの各設定ができます。
投稿日: 2016年 7月 04日 (月)
役に立ちましたか?
AJA が推奨するコントローラーは“SONY RM-IP10”、“HuddleCam Controller”、ソフトウェア “RovoControl”、“Roco Soft HR”です。
コントローラーによって、操作・設定できる機能が異なります。
“RovoControl”を用いることで最大 8台の RovoCam を制御することが可能ですが、他のコントローラーの場合は複数の RovoCam を制御できません。
投稿日: 2016年 7月 04日 (月)
役に立ちましたか?
この場合、レンズは最短焦点距離 (Wide)、フォーカス、絞りは AUTO、ホワイトバランスは AWB ( リアルタイム・オート・ホワイトバランス) となります。
レンズの操作をはじめ RovoCam の様々な機能の設定を行う場合、ソフトウェアの RovoControl、または VISCA コントローラーが別途必要となります。
投稿日: 2016年 7月 04日 (月)
役に立ちましたか?
RovoRx-HDMI の HDMI OUT インジケーターは、正常動作時に点滅します。
HDBaseT IN や POWER 48VDC のインジケーターは、正常動作時に点灯します。
投稿日: 2016年 7月 07日 (木)
役に立ちましたか?
RovoControl で Video Format(UHD/HD/SD)、 Color Space(RGB/YUV) の各設定を行うと、RovoControl や VISCA コントローラーの接続の有無や電源の入れ直しにかかわらず保持されます。
それ以外の設定は、下記の通りとなります。
  • 通電中、RovoControl をはじめ VISCA コントローラーを抜いた場合、各設定は保持されます。
  • RovoCam の電源を入れ直した場合、RovoControl にて設定した Set Default の状態となります。
  • ePTZ 機能を ON にしている場合、OFF となり UHD (3840x2160) で出力されます。
投稿日: 2016年 7月 07日 (木)
役に立ちましたか?
下記の原因が考えられます。

【V Flip Image が OFF の場合】
RovoContorol にて V Flip Image が OFF の場合、上下が反転した映像となります。
V Flip Image を ON が標準設定となります。
RovoCam の電源を入れ直しても OFF の場合、V Flip Image を ON に設定した上、Set Default を選択してください。

【Set Factory Default をかけてしまった場合】
RovoContorol にて Set Factory Default をかけると、V Flip Image が OFF となり上下が反転した映像となります。
V Flip Image を ON に設定した上、Set Default を選択してください。

【ポジション・プリセット機能を使用した場合】
RovoCam は各設定を16通りメモリーできるポジション・プリセット機能があります。
この機能を利用される場合、各ポジションごとに V Flip Image を ON にしてプリセットしてください。
V Flip Image を OFF のままプリセットすると、上下が反転した映像となります。
投稿日: 2016年 7月 07日 (木)
役に立ちましたか?
通常の VISCA は RS-232 の接続にてデイジーチェーンすることにより、最大 7台まで制御が可能です。
これに対して RovoCamは、USB-HUB を用いることにより USB 接続にて最大 8台まで制御可能です。
ただし、RovoCam は RS-232 での接続においてデイジーチェーンができないため、RS-232 接続による複数台の制御はできません。
投稿日: 2016年 7月 07日 (木)
役に立ちましたか?
イメージセンサーの前に装着されている赤外線カットフィルターを解除する IRCS 機能があります。
この機能により赤外領域の感度がアップし、より暗いところの映像を捉えることができます。
この機能を有効とした時、映像は白黒となります。

※本機能を利用するためには、ファンクションが割り当てられた対応コントローラーが必要です。
投稿日: 2016年 7月 04日 (月)
役に立ちましたか?
あります。また、上下反転機能もあります。2つの機能を組み合わせて使うことも可能です。
標準設定では上下反転機能が ON になっています。

※本機能を利用するためには、ファンクションが割り当てられた対応コントローラーが必要です。
投稿日: 2016年 7月 04日 (月)
役に立ちましたか?
内部時計を搭載していないため、時計表示機能はありません。
投稿日: 2016年 7月 04日 (月)
役に立ちましたか?
GenLock、Timecode には対応していません。
投稿日: 2016年 7月 04日 (月)
役に立ちましたか?

関連情報

日々進化する放送技術に対し、AJA は世界中の放送、制作、ポストプロダクション、プロ AV システムインテグレーター産業が将来に渡って使用できる技術を提供しています。

AJA 製品を扱う販売会社は、以下の購入先情報からご確認いただけます。また、AJA-JP では購入前に製品を実際に確認できる、評価用の機材を無料貸出しています。

Copyright © 2019 AJA-JP