Slide background

FS4 は、4 チャンネルの 2K/HD/SD または 1 チャンネルの 4K/UHDを処理可能なフレームシンクロナイザー & アップ/ダウン/クロスコンバーターです。AJA の主要機能であるフレームシンクロナイザーとコンバーターを搭載し、多種多様な接続性と 4K/UltraHD/2K/HD/SD の中で必要とされるありとあらゆる変換作業をスマートな 1RU のフレームの中で行えます。ビデオとオーディオの広範囲な接続オプションも用意されている FS4 は、2K/HD/SD で 4 つの独立したデバイスを並行して処理したり、すべてのプロセッサーを組み合わせチャンネルを結合することで 4K/UHD にも柔軟に対応し、生産性を最大限に高めることが可能です。

FS4 特徴

FS4

1RU のフレームにシングルチャンネルモード、 4 チャンネルモードを搭載

FS4 は 2 つのモードで包括的な変換と信号処理を提供します。

シングルチャンネルモードでは、4K/UltraHD 上で想定されるあらゆる処理と 2K/HD/SD とのアップコンバージョン、ダウンコンバージョン、クロスコンバージョンが行えます。

4 チャンネルモードでは、2K/HD/SD × 4 チャンネルの同時変換や同時処理など、洗練された 1RU シャーシ内で高密度のマルチチャンネル配信が行えます。

拡大して表示

FS4

シングルチャンネルモード

万全の信頼性、圧倒的な変換能力

アーキテクチャを見る

急速に標準化が進む 4K/UltraHD 配信の処理や同期を FS4 は、Quad 1.5G、Dual 3G、Quad 3G やオプションで 12G-SDI BNCや12G-SDI LC FiberといったSFP モジュールで12Gb/6GbのSDIにも対応し、豊富なデジタルビデオ接続経由で受け取ります。

シングルチャンネルモード時、FS4 は HD/SD 素材を4K/UltraHD にアップスケールし、併せて Fiber、3G-SDI、AES や MADI 経由で合計 272 × 208 のとてつもないオーディオチャンネル数の中からオーディオの組み合わせを選択できます。

 
FS4

4 チャンネルモード

4 チャンネルモードへようこそ

アーキテクチャを見る

4 チャンネルモードの FS4 は、最大 4 チャンネルの 2K/HD または SD 信号を同時処理する、とてつもなく強力なマルチチャンネル変換を提供します。強力な処理能力により、ROI (関心領域) スケーリング、カラーコレクション、Proc Amp (プロセッシングアンプ) 制御、モーションアダプティブデインターレースなどを可能にします。

スペース、エネルギー、パワーを出来る限り維持したまま、マルチチャンネルのデータ密度を 1RU のシャーシに詰め込みました。

FS4

新たな思考、新たなインターフェイス

FS4 のフロントパネルは新しい考え方のもと、シンプルかつ素早く製品の豊富な機能へアクセスできるようにレイアウトが再設計されました。更にこのパネルは、シングルチャンネルもしくは 4 チャンネルモードで分かりやすい操作ができるよう設計されています。4 チャンネルモードでは、VID1 から VID4 までの 4 つのボタンはどれも、チャンネルが選択された時に点灯します。シングルチャンネルモードでは VID1 が点灯し、残りの VID2 から VID4 は消灯します。

FS4

アップ、ダウン、クロスコンバージョン

4K への移行は一筋縄では行きません。旧来の信号と素材を 4K 環境に統合する必要があり、一方で 4K のソースは目下のところ、2K/HD にダウンコンバートする必要があります。AJA の並外れたコンバージョンアルゴリズムを利用する FS4 は、アップコンバージョン、ダウンコンバージョン、クロスコンバージョンに対応し、 12G/6G/3G-SDI の SD、HD または 2K のビデオと 4K または UltraHD ビデオとの間で変換を行います。クアドラント (4 分割) と 2SI (2 サンプルインターリーブ) の両方のアウトプットフォーマットに対応しています。AJA の強力なハードウェアコンバージョン技術は作品に高画質をもたらします。

主なコンバージョン機能

  • 4K/UltraHD/2K/HD/SD アップコンバージョン、ダウンコンバージョン
  • SD/SD アスペクト比コンバージョン
  • HD/HD クロスコンバージョン (720p/1080i)

上記はすべて、専用のハードウェアを用いた美しい 10bit 処理でコンバージョンされます。

FS4

驚くべきデジタルの接続性

ビデオとオーディオには、直面しているプロジェクトに相応しい接続性とバンド幅が求められます。

FS4 は標準的な BNC やオプションの SFP による入出力を利用することで、最大 12G に至る SDI に対応する様々なワークフローと設備に簡単に統合できます。

FS4 は BNC と Fiber* 入出力を備え、シングルチャンネルモードで 4K/UltraHD/2K/HD/SD 解像度の SDI 信号を受け入れます。4 チャンネルモードでは 2K/HD/SD 入力を、あらゆる外部の信号分配器を用いずに、複数の場所に一斉に送信できます。

ルーピングリファレンス入力により FS4 を任意のリファレンス信号に固定し、安定性を高めることが可能になります。

デジタルオーディオは SDI、MADI、AES 間でディスエンベデッドとエンベデッドが行え、信じられないほど多様なルーティングを行えます。

拡大して表示

* SFP 入出力はオプションです。

FS4

12G/6G BNC と Fiber SFP オプション

FS4 の SFP オプションには 12G/6G-SDI HD-BNC と Fiber I/O オプションの両方が含まれます。素晴らしい SDI の柔軟性と最大 10km のファイバーケーブルを利用できるようにし、ファイバーを分割し SDI に変換することなしに FS4 に直接接続が行えます。

12G/6G-SDI SFP オプション

  • HDBNC-2TX-12G: 12G/6G-SDI Dual 同軸 HD-BNC トランスミッター
  • HDBNC-2RX-12G: 12G/6G-SDI Dual 同軸 HD-BNC レシーバー
  • FIBERLC-2TX-12G: 12G/6G-SDI Dual Fiber LC トランスミッターシングルモード
  • FIBERLC-2RX-12G: 12G/6G-SDI Dual Fiber LC レシーバーシングルモード

対応する Single / Dual Channel Fiber コネクター

  • Single-channel LC コネクターモジュール
  • Single-channel SC コネクターモジュール
  • Dual-channel LC コネクターモジュール

利用可能な CWDM オプション

複数波長の CWDM SFP から選択可能、シングルファイバー接続で信号の高度な多重化が可能。

  • Dual TX 1271/1291
  • Dual TX 1311/1331
  • Dual TX 1351/1371
  • Dual TX 1391/1411
  • Dual TX 1431/1451
  • Dual TX 1471/1491
  • Dual TX 1511/1531
  • Dual TX 1551/1571
  • Dual TX 1591/1611

SFP Configurator

FS4

広範囲なオーディオの柔軟性

5.1 チャンネルと 7.1 チャンネルオーディオの発展によって、プロダクションにおいて管理が必要なオーディオチャンネル数は増加しています。MADI 規格は莫大な数のオーディオチャンネルをシングルケーブルで転送する便利な方法で、放送局、中継車、プロダクションに求められるシンプルさで接続することが可能です。FS4 はファイバーと同軸 MADI 両方の入出力に対応しており、内部 277 × 208 モノラルオーディオマトリックスによって、1 対 1 または 1 対多数の MADI による完全なルーティング、ミックスダウンを可能にします。 SDI、ファイバー、AES 経由のオーディオすべてに対応した、素晴らしいオーディオ処理能力がシングルボックスに詰め込まれています。

クローズドキャプションの変換

FS4 はクローズドキャプションをサポートし、2K/HD/SD と 4K/UltraHD ファーマット間での CEA-608、CEA-708 規格の完全な変換を含んだクローズドキャプションの変換に対応しています。FS4 ではフォーマットの変換を行ったときでもクローズドキャプションは保持されます。コンバージョン後に再度挿入する必要がある時には取り除くことも可能です。

 

Active Format Description

対応する変換された信号に自動的に Active Format Description の情報が設定されるため、AFD 情報はコンバージョン後に挿入する必要はなく、AFD を認識するデバイスに正確な情報が提供されます。

FS4

遠隔操作による設定と制御

FS4 はネットワークで利用できる設計で、SNMP モニタリングとウェブベースのリモートコントロールに対応しています。FS4 は内蔵された 10/100/1000MB Ethernet ポートを通じて、あらゆる Ethernet ネットワークに接続でき、接続されたコンピュータのウェブブラウザ上からは、複数の FS ユニットの制御と設定が可能です。設定は複数のユニットに保存と適用ができ、大規模導入時の一貫性を保証し、素早い設定を可能にします。

現在の自動化設備とスムーズに統合するために、FS4 は外部からの GPI コマンドを受け取ったことを引き金に豊富な機能を実行できます。

FS4 技術仕様

技術仕様

操作モード

  • 4 系統の独立した 2K/HD/SD ビデオプロセッサー
  • 1 つの 4K/UltraHD/2K/HD/SD ビデオプロセッサー

ビデオフォーマット

  • (4K) 4096 × 2160p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
  • (UltraHD) 3840 × 2160p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
  • (2K) 2048 × 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
  • (HD) 1920 × 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
  • (HD) 1920 × 1080PsF 23.98, 24, 25, 29.97, 30
  • (HD) 1920 × 1080i 50, 59.94, 60
  • (HD) 1280 × 720p 50, 59.94, 60
  • (SD) 625i 50
  • (SD) 525i 59.94
  • YCbCr, 4:2:2, 10-bit

デジタルビデオ入力

  • 4 × 3G-SDI 入力、4 × BNC
  • 4 × 3G-SDI 入力、4 × ファイバーまたは HD-BNC (オプションの SFP モジュールを使用)
    • SFP ファイバーモジュール, 3G-SDI, デュアル LC, シングル LC, またはシングル SC, SMPTE-297
    • SFP ファイバーモジュール, 12G/6G-SDI, デュアル LC, SMPTE-297
    • SFP 同軸モジュール, 12G/6G-SDI, デュアル HD-BNC
  • 12G/6G/3G/HD/SD, SMPTE-259/292/424/2081/2082
    • Single Link 12G/6G-SDI (オプションの SFP モジュールを使用)
    • Quad Link 3G-SDI Level A または B-DL (4 x 3G), SMPTE-425-5
    • Dual Link 3G-SDI Level B-DS (2 x 3G), SMPTE-425-3
    • Single Link 3G-SDI Level A, B-DL, または B-DS, SMPTE 425
    • Quad Link HD-SDI (4 × 1.5G)
    • Dual Link HD-SDI (2 × 1.5G), SMPTE-372
    • Single Link HD/SD
  • 4 分割 (スクエアディビジョン) または 2SI (2サンプルインターリーブ ) 4K/UltraHD 入力ピクセルマッピング
  • 8 x 1 セレクター供給ビデオプロセッサ

デジタルビデオ出力

  • 4 × 3G-SDI 出力、4 × BNC
  • 4 × 3G-SDI 出力、4 × ファイバーまたは HD-BNC (オプションの SFP モジュールを使用)
    • SFP ファイバーモジュール, 3G-SDI, デュアル LC, シングル LC, またはシングル SC, SMPTE-297
    • SFP ファイバーモジュール, 12G/6G-SDI, デュアル LC, SMPTE-297
    • SFP 同軸モジュール, 12G/6G-SDI, デュアル HD-BNC
  • 12G/6G/3G/HD/SD, SMPTE-259/292/424/2081/2082
    • Single Link 12G/6G-SDI (オプションの SFP モジュールを使用)
    • Quad Link 3G-SDI Level A または B-DL (4 x 3G), SMPTE-425-5
    • Dual Link 3G-SDI Level B-DS (2 x 3G), SMPTE-425-3
    • Single Link 3G-SDI Level A, B-DL, または B-DS, SMPTE 425
    • Quad Link HD-SDI (4 × 1.5G)
    • Dual Link HD-SDI (2 × 1.5G), SMPTE-372
    • Single Link HD/SD
  • 4 分割 (スクエアディビジョン) または 2SI (2サンプルインターリーブ) 4K/UltraHD 入力ピクセルマッピング

デジタルモニター出力

  • 1 × BNC, 1 x 3G-SDI 出力
    • 3G-SDI/HD/SD, SMPTE-259/292/424, 10-bits
  • 1 × HDMI, 1 × HD 出力
    • 2K/HD/SD, HDMI v1.4a
  • モニタリングしたビデオプロセッサー出力 (ビデオ/オーディオ) は両方のコネクタから同時に出力
  • 4K/UltraHD から 2K/HD へダウンコンバート
  • HDMI 出力にてクロップコントロール

ビデオプロセッシング

  • モーションアダプティブ デインターレーサー
  • プロセスアンプ制御
  • カラーコレクター
  • リーガライザー
  • フレームレート変換、フィルムケイデンス除去/挿入 (3:2、1:2、2:1、2:3)
  • 0〜6 フレームまでディレイ調整可能な H (水平) と V (垂直) 方向のタイミングコントロール
  • クローズドキャプション変換 (CEA-608/CEA-708)
  • AFD 入力検出、ダウンコンバートコントロール、パススルー出力またはオーバーライド
  • フリーズ (何らかの理由で入力信号を失った場合)時にブラックまたは最終フレーム
  • 背景 (fill) 用のマットジェネレーター
  • ビデオテストジェネレーター
  • わずかなビデオ遅延
    • 4K/UHD、3 フレーム (LFR)、6 フレーム (HFR)
    • HD/SD、2 フレーム (LFR)、4 フレーム (HFR)

フォーマット変換

  • 対応する入力フォーマット全てを、対応範囲内の出力フォーマットに変換。入力されてから出力されるまで、フレームレートは特定のフレームレートファミリー内に固定。フレームレートファミリーは以下のとおり。
    • 59.94, 29.97, 23.98
    • 50, 25
    • 60, 30, 24

スケーリング

  • 2K/HD/SD フォーマット対応
    • ズームインとズームアウト
    • 再配置
    • 関心領域 (ROI)

アップコンバージョン

  • SD/HD/2K → UHD/4K
  • SD → HD/2K
  • ハードウェア 10-bit
  • ズーム 14:9 : 4:3 の映像を僅かに拡大し、黒いサイドバー付きの 14:9 の映像に変換
  • ズーム レターボックス : 映像を全画面になるまで拡大
  • ズーム ワイド : 映像の拡大と水平方向の引き伸ばしを組み合わせて 16:9 の画面に変形 (この設定では若干アスペクト比の変更が伴います)

ダウンコンバージョン

  • HD/2K → SD
  • ハードウェア 10-bit
  • アナモルフィック: フルスクリーン
  • レターボックス : 映像のアスペクト比を保ったまま上下に黒帯を追加して縮小
  • クロップ : スクリーンサイズに合わせて映像を切り抜き

アスペクト比変換 (SD → SD)

  • レターボックス : SD アナモルフィック素材をレターボックス化された映像に変形
  • H クロップ : 映像を水平方向に引き伸ばし (アナモルフィック SD をフルフレームに変形)
  • SD ピラーボックス : 左右に黒い線を追加した映像を画面中央に配置、アナモルフィック化した映像を画面中央に配置
  • V クロップ : SD レターボックス素材をアナモルフィック映像に変形

デジタルオーディオ入力

  • 48 kHz サンプルレート
  • 8 × SDI エンベデッド入力 (各 16 チャンネル)
    • 128 チャンネル, 24-bit (20-bit SD), SMPTE-272/299
  • 8 × バランスド AES 入力 (16 チャンネル), 1 × DB-25
    • 16 チャンネル, 24-bit, AES-3
  • 2 × MADI 入力, 1 BNC, 1 × ST ファイバー
    • 128 チャンネル, 24-bit, AES-10

デジタルオーディオ出力

  • 48 kHz サンプルレート
  • ビデオプロセッサーごとに 1 x SDI エンベデッド出力 (各 16 チャンネル)
    • 16 チャンネル (シングルビデオプロセッサーモード), 24-bit (20-bit SD), SMPTE-272/299
    • 64 チャンネル (4 つのビデオプロセッサーモード), 24-bit (20-bit SD), SMPTE-272/299
  • 8 × バランスド AES 出力 (16 チャンネル), 1 x DB-25
    • 16 チャンネル, 24-bit, AES-3
  • 2 × MADI 出力, 1 BNC, 1 x ST ファイバー
    • 128 チャンネル, 24-bit, AES-10

オーディオ処理

  • 277 × 208 モノオーディオマトリックス、1 対 1 接続、1 対多接続
    • 入力 : 128 エンベデッドオーディオ, 16 AES, 128 MADI, 2 ステレオミックスダウン, 3 トーンジェネレーター
    • 出力 : 64 エンベデッドオーディオ, 16 AES, 128 MADI
  • 各チャンネルを独立して入力をコントロール
    • ゲイン ± 18 dB (0.5 dB 刻み)
    • 位相の反転
  • 各チャンネルペアごとに入力をコントロール
    • ディレイ - 16ms から 256ms (20.8μs 刻み)
  • 2 系統の独立した 5.1 チャンネルまたは 7.1 チャンネルから、ゲイン補正したステレオにミックスダウン
  • 全ての入力で高品質なサンプルレート変換
  • PCM オーディオなしの SRC バイパス (例 : Dolby E, AC-3, etc)
  • オーディオテストジェネレーター (ミュート, 400 Hz, 1 kHz)

リファレンス入力

  • 外部リファレンス BNC × 2
    • ループ、無終端
    • ブラックバーストまたは 3 値シンク

ゲンロック

  • 外部リファレンスをロック
  • 1〜8 系統の SDI 入力をロック
  • 温度補償型水晶発振器に基づいたフリーラン

ネットワークインターフェイス

  • 10/100/1000 Ethernet (RJ-45)
  • リモートコントロールのための組み込みウェブサーバー
  • SNMP

フロントパネル

  • ディスプレイ
  • LED を使用したキーパッド
  • 2 回転/プッシュボタン × 2
  • 包括されたアラームインジケーター

プリセット

  • 各モードにつき 40 個のプリセットを作成可能

GPI

  • 25 ピン D コネクタ × 1
    • 光絶縁 GPI 入力 × 4
    • 光絶縁 GPO 出力 × 4

サイズ (W × D × H)

  • 444.5mm x 406.5mm x 44.4mm (17.5 インチ × 16 インチ × 1.75 インチ)

重量

  • 3.6kg (7.0 lb)

電源

  • 100-240VAC 50/60Hz (2重冗長化電源)、通常時 55W (最大電力 70W、最大電流 15A)

動作環境

  • 動作温度 : 0℃ から 40℃ (32°F から 104°F)
  • ストレージ温度 : -40℃ から 60℃ (-40°F から 140°F)
  • 相対湿度 : 0% から 90% (結露なきこと)
  • 動作高度 : 3,000m 未満 (10,000ft 未満)