Io X3

Thunderbolt™ 3 搭載、マルチチャンネル 2K/HD/SD ビデオ I/O

概要

概要

AJA の Io X3 は、高品質な HDR や SDR を使用する映像関連業務に最適です。最大 60p HD/2K のビデオ信号や主要なノンリニア編集アプリケーションに対応するファイルだけでなく、Telestream 社の Wirecast、OBS Studio、vMix などのビデオアプリケーションにも対応します。

Io X3 は、Thunderbolt 3 ケーブル 1 本で Mac / Windows PC と接続可能です。Thunderbolt 端子は 2 つ搭載されているのでデイジーチェーンにより柔軟に拡張が行なえます。Io X3 のコンパクトで静音仕様のフォームファクターは、オンセット、競技場、イベント会場、編集環境などに最適です。

主要な機能

主要な機能

  • 最大 50/60p で 2K/HD/SD を入出力
  • 16 チャンネルエンベデッドオーディオ対応、双方向 3G-SDI BNC 端子 × 4
  • 8 チャンネルエンベデッドオーディオ対応、HDMI 入出力
  • ループスルー対応 Thunderbolt 3 端子 × 2
  • Wirecast / OBS / vMix などでマルチチャンネルワークフローに対応
  • 最大 60p の YCbCr 4:2:2 10-bit に対応
  • 最大 30p の RGB 4:4:4 12-bit に対応
  • SDI 経由で VPID 信号に対応、SDR/HDR 伝達特性、カラリメトリー、輝度を伝送
  • PQ、HLG、HDR10、HDR10+、Dolby Vision に対応
  • HDR メタデータの読み取りと自動プレイバック検出
  • HDMI でマルチビュー出力、最大 4 チャンネルを一遍に表示可能
  • 標準的な Tascam 接続でアナログオーディオの入出力を柔軟に構成可能 (全 8 チャンネルを入力、全 8 チャンネルを出力、4 チャンネルを入力 4 チャンネルを出力)
  • フロントパネルにオーディオディスプレイを搭載
  • Apple M1 チップと最新バージョンの OS に対応
  • バッテリーまたは AC アダプター接続による XLR 12V で駆動 (AC アダプター同梱)
  • モバイル環境やライブ環境に便利なヘッドフォンジャックとオーディオレベルコントローラー
  • RS-422 VTR コントロール、リファレンス、LTC 入出力に対応
多才で実用的な接続性

多才で実用的な接続性

Io X3 の背面パネルには、SD/HD/2K ビデオパイプラインに必要な接続端子のほとんど全てが搭載されています。電力はバッテリーまたは同梱の AC アダプターから業界標準の 4 ピン XLR で供給されます。

Io X3 とホストとなるラップトップ PC やデスクトップとは、Thunderbolt 3 端子で接続します。ループスルーの Thunderbolt 3 端子を利用して、他の Thunderbolt 3 対応製品も組み合わせて接続できます。

RS-422 を利用して外部デバイスを接続し、精緻なハードウェアコントロールを行えます。

DB-25 端子は 8 チャンネルのアナログオーディオに対応しています。各チャンネルを入力または出力として構成可能です。

HDMI の入出力端子は、ビデオ入力や簡易的なモニタリングに使用できます。SDR はもちろん、HDR にも対応しています。

リファレンス入力端子からマスタークロックソースを Io X3 に入力できる一方で、 LTC の入力やタイムコードの出力も行えます。

さらに 4 系統の双方向 3G-SDI 端子は、マルチチャンネル入力またはマルチチャンネル出力として構成可能です。アプリケーション毎に最適な選択が行え、屋外、編集環境、オンセットで非常に広範な柔軟性を提供します。

一般的な互換性 : USB-C 経由の Thunderbolt™ 3

一般的な互換性 : USB-C 経由の Thunderbolt™ 3

Io X3 には 、Thunderbolt 本来の柔軟性を実現するために Thunderbolt 3 端子が 2 ポート搭載されています。

Thunderbolt 3 doubles the speed Thunderbolt 3 の速度は、以前の Thunderbolt 2 規格の 2 倍を誇り、スループットは最大 40 Gps に達します。一般的な USB-C 接続規格のケーブル 1 本で、最新の Mac や Windows のワークステーションやラップトップと簡潔に接続できます。

Thunderbolt™ 3 の機能

  • データと電力を 1 本の電源で伝送 (対応機器のみ)
  • USB-C 規格の端子とケーブル (小型、リバーシブル)
  • Thunderbolt™ 3 接続時の転送速度 40 Gb/s (Thunderbolt™ 2 の 2 倍)

Thunderbolt ソリューション

hdr monitor

HDR

HDR (ハイダイナミックレンジ) は標準的な信号に比べ、広色域で豊かな色彩、より明るい白色、そしてより深く暗い黒色を扱えます。これにより、イメージはより「生き生きとした」見た目になり、自然で真実味のある色を視聴者に届けられるようになります。

Io X3 は、HDMI 互換ディスプレイへの 2K / HD の HDR パイプラインを提供します。HDMI 2.0a/CTA-861.3 と HD に準拠する HDR インフォフレームメタデータに対応する HLG と HDR 10 に対応しています。

AJA Control Room ソフトウェアと Io X3 を一緒に使用すると、SDI または HDMI で入力された信号から HDR メタデータを取得できます。キャプチャーした .mov ビデオファイルには HDR メタデータがエンベデッドされていて、本来のダイナミックレンジでプレイバック可能です。

AJA Control Room ソフトウェアと Io X3 の組み合わせで HDR 自動検出機能が利用できます。収録された .mov ファイルにエンベデッドされた HDR メタデータを読み取り、接続された HDMI モニタや SDI 出力に対応する HDR フォーマットに自動的に設定されます。

Adobe Premiere Pro / Adobe Media Encoderで出力されるファイルベースの HDR メタデータ付き .mov ファイルにも対応します。これらのレンダリングされた出力は、AJA Control Room を使用して簡単かつ直感的に選択可能です。正確な HDR フォーマットが自動的に設定され、全てのフレームは、適切なタイミングに最高品質で表示されます。

Desktop Software は HDMI で HDR を入力する機能も備えていて、HDR のゲーム映像をキャプチャーする際などにも使用できます。

HDR ソリューション

ワークフロー事例 : ノンリニア編集と Io X3

ワークフロー事例 : ノンリニア編集と Io X3

Io X3 は、ノンリニア編集アプリケーションに広く対応しています。Apple Final Cut Pro、Avid Media Composer、Adobe Premiere と一緒に実用的かつ簡単に機能を使用できます。

図の Io X3 は、ノンリニア編集ワークフローの中核に位置していて、高速な Thunderbolt 3 で直接ラップトップコンピュータに接続されています。ホストになっているラップトップ上でノンリニア編集ソフトウェアが動作していて、タイムライン出力は HDMI 端子と 3G-SDI 端子経由で同時に確認可能です。SDR はもちろん、HDR のモニタリングにも対応しています。

前面に搭載されたアナログオーディオジャックにヘッドフォンを接続できるため簡単にモニタリングが行なえます。一方、標準的な Tascam DB-25 経由でアナログミキサーやマイクをワークフローに取り入れられます。フロントパネルの VU メーターは各々のチャンネルに対応しています。

AJA Ki Pro Ultra 12G は、ノンリニア編集ソフトウェアからの出力をリアルタイムで収録するために接続されています。Apple ProRes もしくは Avid DNxHD で収録し、アーカイブや納品に使用できます。短編映像、ニュースのフッテージ、スポーツ、長編のコンテンツやその他、どのような映像制作の環境でも、Io X3 は完璧に適応するでしょう。

ワークフローを見る

ワークフロー事例 : OBS と Io X3

ワークフロー事例 : OBS と Io X3

Io X3 と OBS Studio は直接互換します。ライブビデオをミキシングするための包括的なツールキットを備え、配信先にコンテンツのプログラムを出力できるようになります。

ワークフローの中心にある Io X3 を挟んだ反対側には、4 台のカメラのソースを入力するための入出力端子があります。Io X3 はマルチチャンネルに対応しているため、4 台の HD カメラは Io X3 の 3G-SDI 端子に直接接続されています。

Io X3 は、Thunderbolt 3 経由でホストコンピュータにも接続されています。このホストコンピュータ上では OBS Studio が動作していています。入力された全ての HD ソースは HDMI 端子経由で接続したディスプレイに出力され、すべてのチャンネルを一度に確認できます。

アナログヘッドフォン端子を使用してオーディオのモニタリングも行えます。ホストコンピュータでソースを切り替え、最終的なプログラムストリームを出力します。

ワークフローを見る

ワークフロー事例 : タイムラインのストリーミングと Io X3

ワークフロー事例 : タイムラインのストリーミングと Io X3

ノンリニア編集アプリケーションや 3D モデリングアプリケーションからストリーミングする際の一般的な選択肢のひとつに、タイムライン出力を利用し、行った編集作業やモデリング作業に対しリアルタイムで解説する方法があります。

このノンリニア編集アプリケーションを起点としたワークフロー例では、Io X3 と AJA の HD ストリーミングデバイス HELO を使用しています。Io X3 と HELO の組み合わせは非常に堅牢なソリューションです。

Io X3 の 3G-SDI 出力を HELO の 3G-SDI 入力に接続するだけで、再生されたタイムラインをライブストリーム可能です。ボイスオーバーを重ねるために USB マイクも使用しています。

エンターテインメント、リモートでの共同作業、教育向けのストリーミングにも活用できる、非常にシンプルで強力な組み合わせです。視聴する側はコンテンツの状況をより確かに理解できます。

ワークフローを見る

ワークフロー事例 : ビデオ、キーと Io X3

ワークフロー事例 : ビデオ、キーと Io X3

Io X3 は、最大 HD 60p のビデオとキーを用いるワークフローにも対応します。

Io X3 は ROSS XPression ソフトウェアが動作するラップトップコンピュータまたはデスクトップコンピュータに接続されています。XPression は、統計情報と天気のデータをメタデータとしてインターネット経由で受け取ります。同時に ライブ IP ビデオ入力も受け取っています。この IP ビデオはビデオ出力 1 とビデオ出力 2 に割り当てられ、受け取った統計情報と天気のメタデータはキー 1 とキー 2 に割り当てられます。

Io X3 の HDMI 出力が繋がっているモニターには、4 つのソースが表示され一画面で一度に確認できます。Io X3 は、ビデオ出力 1 とキー 1 の組と、ビデオ出力 2 とキー 2 の組を 3G-SDI 経由で SDI ルーターや SDI ビデオスイッチャーに送信します。

あるいは全ての入力を ROSS XPression によって、ビデオ出力 1 とキー 1、ビデオ出力 2 とキー 2 に割り当てた IP ビデオソースとしても構成可能です。Io X3 は HDMI 経由でマルチビューを出力し、同時にビデオとキーの組を 3G-SDI 経由で SDI ルーターや SDI ビデオスイッチャーに送信します。

ワークフローを見る

統合されたデジタルオーディオ、アナログオーディオの柔軟性

統合されたデジタルオーディオ、アナログオーディオの柔軟性

エンベデッド 16 チャンネル SDI と 8 チャンネル HDMI オーディオだけでなく、アナログオーディオ入出力を標準的な DB-25 接続で実現しています。

フロントパネルの 3.5mm ヘッドフォンジャックを使用するとステレオモニタリングが行なえます。

アナログオーディオ入出力は柔軟で、ボイスオーバーの録音をはじめ、様々に構成可能です。Io X3 に DB-25 接続する機器に応じて構成を変えられます。

  • 8 チャンネル、24 ビットと 16 ビットの D/A アナログオーディオ、サンプルレート 48 kHz、業界標準の XLR × 8 または、DB-25 ブレークアウトケーブル上の TRS に対応 (ブレークアウトケーブルは別売)
  • 構成可能なバランスオーディオ入出力の組み合わせ
    • 1-8 チャンネルを入力
    • 1-4 チャンネルを入力、5-8 チャンネルを出力
    • 1-4 チャンネルを出力、5-8 チャンネルを入力
    • 1-8 チャンネルを出力
コンパクト、ラックマウント可能

コンパクト、ラックマウント可能

Io X3 はコンパクトな設計なので簡単にラックに収められます。2 台の Io X3 を 1RU に横並びで設置できます。この構成により最大 8 チャンネルのビデオ入出力を OBS Studio などのアプリケーションで使用できます。

マルチビュー出力

マルチビュー出力

Io X3 はマルチチャンネル入出力に対応しています。HDMI 出力により、すべてのソースを 1 台のディスプレイに一度に表示可能です。Io X3 と OBS Studio はマルチビュー出力機能について完全な互換性があります。入出力されている映像を HDMI 出力経由で確認できます。OBS Studio と Io X3 は簡単にモニタリングが行えるように構成可能です。

タイムコード同期

タイムコード同期

Io X3 は大規模なプロダクション向けに外部リファレンスにロックしたり、Io X3 でキャプチャーしたフッテージ素材が適切なタイムコードを保持するために LTC の入出力が可能です。システム内の他の同期デバイスのリファレンス信号を REF 端子に入力すれば確実に同期できます。

マシンコントロール

マシンコントロール

RS-422 端子を使用することで、テープデッキのようにフレーム単位でキャプチャーの制御を正確に行えます。

Apple M1 チップに対応

Apple M1 チップに対応

Desktop Software は v16.1 以上で Apple M1 チップに最適化されています。AJA の macOS 用ドライバー、アプリケーションプラグイン、AJA Control Room、AJA Control Panel、AJA System Test、AJA NMOS ソフトウェアは、Apple M1 チップにネイティブ対応しています。

互換ホストシステム

互換ホストシステム

Desktop Software は、正しい情報に基づいてシステムを選択できるようにするために様々な構成のコンピュータでテストされています。

業界最高水準のサポート

業界最高水準のサポート

業界で最高水準だと認識されている AJA のテクニカルサポートを、すべての AJA ユーザーが受けられます。導入、設定、操作、技術的な課題など、あらゆる場面で AJA にサポートを仰げます。

Io シリーズには 3 年間の国際保証が設けられています。製品保証に関する詳細情報は、製品マニュアルでご確認ください。

関連情報

日々進化する放送技術に対し、AJA は世界中の放送、制作、ポストプロダクション、システムインテグレーターが将来に渡って使用できる技術を提供しています。

AJA 製品を扱っている販売会社は、以下の購入先情報からご確認いただけます。また、AJA-JP では購入前に製品を実際に確認できる、評価用の機材を無料貸出しています。

Copyright © 2021 AJA-JP