logo aja md

AJA の Thunderbolt™ ソリューション

AJA の Thunderbolt™ ソリューション

AJA と Thunderbolt

thunderbolt logo horizontal white-1

Thunderbolt とは?

thunderbolt chart
thunderbolt logo color-1

Thunderbolt™ は Apple と Intel が中心になって開発した、外付けの周辺機器をコンピュータに接続するためのハードウェアインターフェイスのブランド名です。Thunderbolt 1 と 2 は Mini DisplayPort (MDP) と同じ形状の端子が採用されています。一方、Thunderbolt 3 では USB Type-C 端子を使用します。この規格は、開発当初 Light Peak という名称で呼ばれていました。民生向けの製品が市場に初めて登場したのは 2011 年です。

Thunderbolt は 1 本のケーブルで PCI Express (PCIe) と DisplayPort (DP) を 2 チャンネルのシリアル信号に混合して流せます。さらに直流電流も供給可能です。Thunderbolt が登場してからは、映像表示には DisplayPort プロトコルが使用されています。そのため適切なアダプタを使用することで、あらゆる DisplayPort、DVI、HDMI、または VGA ディスプレイと接続できます。

Thunderbolt™ 2 を利用したシステムでは DisplayPort 1.2 に対応しているため、最大速度 20Gbps で転送可能です。Thunderbolt 2 が搭載されたワークステーションやラップトップは第 1 世代の Thunderbolt デバイスとの後方互換性があります。また、Thunderbolt 2 には第 1 世代と共通のケーブルと端子が採用されています。

tb3 feature bullets

Thunderbolt 3 のスループットは、さらに 2 倍になり 40Gbps に達します。広帯域でデバイスとの接続を簡素化できる USB-C 接続が採用されています。USB 3.1 と Thunderbolt 3 の詳細には注意を払う必要があります。同じポートを利用することもありますが、それらは互いに異なるプロトコルを採用しています。すべての USB-C ポートが USB 3.1 というわけでも Thunderbolt と互換性があるわけでもありません。Thunderbolt 3 に対応するドライブやデバイスを購入した時に、接続できるのは USB 3.1 に対応する USB-C だけです。現行の MacBook などでは、Thunderbolt 3 デバイスは認識されません。Thunderbolt デバイスを使用するためには、USB-C ポートが Thunderbolt 3 に対応している必要があります。

1 端子あたり、最大 6 台の周辺機器の接続に対応しているので、Thunderbolt 規格に対応したあらゆる製品を様々に配置できます。

Thunderbolt 3

tb3 diagram

Thunderbolt 2 と比較して、Intel の Thunderbolt 3 コントローラー (コードネーム Alpine Ridge) は 40 Gbs (5 GB/s) という 2 倍の帯域で、消費電力は半分、そして同時に 2 台の 4K ディスプレイの 60 Hz 表示が行えます。また、MacBook Pro Late 2016 を使用した時には、1 台の 4K ディスプレイの 120 Hz 表示や 5K ディスプレイの 60 Hz 表示にも対応します。その代わりに、Thunderbolt 2 のコントローラーを利用して 1 台のディスプレイを使用することもできます。

Thunderbolt 3 は PCIe 3.0 と、HDMI 2.0 や DisplayPort 1.2 を含む、その他のプロトコルに対応しています。

後方互換性 : Thunderbolt や Thunderbolt 2 で設計されたソリューションと製品もアダプターを使用することで Thunderbolt 3 製品とともに動作します。

tb3 feature bullets

Thunderbolt 3 の機能

  • 40 Gbps、Thunderbolt 2 の 2 倍の速度
  • 双方向、デュアルプロトコル (PCI Express と DisplayPort)
  • 4 レーン PCI Express Gen 3
  • 8 レーン DisplayPort 1.2 (HBR2 と MST) – 2 台の 4K ディスプレイ (4096 × 2160 30bpp @ 60 Hz) に対応
  • USB 3.1 (10 Gbps) – 従来の USB デバイスやケーブルと互換
  • DisplayPort 1.2 – 従来の DisplayPort ディスプレイ、デバイス、ケーブルと互換
  • HDMI 2.0 対応
  • 電力 (USB 電力供給)
    • 最大 100W システム充電
    • バスパワーデバイスに 15W を供給
  • コンピュータ同士を 10 Gb Ethernet 接続した場合よりも高速
  • デイジーチェーン接続対応 (最大 6 台)
  • PCI Express オーディオ向けの最小限の遅延量
  • 接続端子 : USB-C と同形状、表裏の反転可能
hero io 4k plus

Io 4K Plus

Io 4K Plus は Thunderbolt 3 を経由してキャプチャーと出力が行える先進的なデバイスです。プロフェッショナル向けのあらゆるビデオ & オーディオ接続機能を備えて、最新の 4K/Ultra HD デバイス、ハイフレームレート (HFR)、ハイダイナミックレンジ (HDR) そして、ディープカラーワークフローに対応しています。Thunderbolt 3 に対応したことにより Io 4K Plus は、12G-SDI と HDMI 2.0 のどちら経由でも、SD から HD、UltraHD そしてフル 4K で最大 60p に渡る広範囲のフォーマットを、たった一本のケーブルで扱うことができます。さらに最新の HDR ワークフロー向けに HDMI での HDR 10 と HLG (ハイブリッドログガンマ) に対応しています。

さらに詳しく

hero io ip

Io IP

Io IP はポータブル設計の Thunderbolt 3 を搭載したビデオ I/O です。業務用の HD ビデオとオーディオを IP ベースのワークフローで、インジェストとプレイバックを行えるようにするデバイスです。

Io IP はすべての Io シリーズに共通する、持ち運べることによる長所はそのままに、2 系統の Thunderbolt 3 ポートを追加することで柔軟性も獲得しました。AJA の Control Room、Control Panel ソフトウェア、SDK ツールと一緒に使用することで、Adobe Premiere® Pro、Apple FCP X、Avid Media Composer® といった制作アプリケーションや FilmLight 製品などに対応します。柔軟性のあるプラットフォームとして設計されており、SMPTE 2022-6 と 2022-7 の非圧縮 IP ビデオに対応しています。SMPTE 2110 にも近日中に対応予定であり、Io IP の柔軟性により常に新しい状態で IP への移行を進めることができます。

さらに詳しく

Thunderbolt 2

tb2 large image
tb2 large monitor size

Thunderbolt 2 は、物理的水準とチャンネル総数が Thunderbolt 1 と同一ですが、以前は別々のチャンネルだった 2 チャンネルの 10 Gbps の信号を組み合わせることで、1 チャンネルの 20 Gbps チャンネルとしても使用できるようになりました。

Thunderbolt 2 は 4K ビデオを送出でき、ディスプレイポートを通じて、別のモニターに同時に表示することも可能です。

Thunderbolt 2 には、1 台の 4K モニターもしくは 2 台の QHD モニターへの表示を可能にする DisplayPort 1.2 への対応が盛り込まれています。Thunderbolt 2 は後方互換性を備えています。つまり、Thunderbolt 1 に対応するすべてのケーブルや接続機器と互換性があります。

最初の民生向けの Thunderbolt 2 製品は、Asus 社の Z87-Deluxe/Quad マザーボードで、2013 年 8 月に発表されました。しかし、Thunderbolt 2 に完全対応した最初の製品は 2013 年 10 月 22 日 に発売開始された Apple 社の MacBook Pro Retina Late 2013 モデルです。

features tb2 cables angle

Thunderbolt 2 の機能

  • 20 Gbps、実効速度およそ 16Gbps のパフォーマンス
  • Thunderbolt 2 では、双方向 2 チャンネルのどちらでも 20Gbps で送出できます。つまり、1 チャンネルで 4K ディスプレイもしくは高速なストレージデバイスを動作させるのに十分以上の能力を持っています。しかし、同時に両方を行おうとする場合には、それぞれの機器のチャンネルを別々にする必要があります。デイジーチェーン接続した場合には、十分なスループットが得られません。
  • データ、ビデオ、オーディオ、電力を 1 本のケーブルで送信可能
  • DisplayPort v1.2 と PCI Express を同じケーブルで送信
  • PCI Express スロットがないホストコンピュータに、業務用の接続端子を備えた適切な Thunderbolt デバイスを利用することで 4K/UltraHD のキャプチャーとプレイバックを実現
  • データの送出と受信が同時に行える双方向通信
  • 接続端子 : Mini DisplayPort (MDP) と同形状
  • 最大 6 台の外付け機器をデイジーチェーン接続可能
hero io 4k

Io 4K

Io 4K は次世代の革命的なキャプチャー & 出力ハードウェアです。Thunderbolt を利用することで、業務向けのビデオとオーディオへの接続を実現し、最新の 4K や UltraHD 対応機器やハイフレームレートを扱うワークフローに対応します。Thunderbolt 2 の技術に対応した Io 4K では、3G-SDI と HDMI の両方で、SD から HD、UHD、フル 4K までさまざまなフォーマットを処理でき、最大 50p/60p の 4K フレームレートにも対応します。さらに新たに登場した HDR ワークフロー向けに、HDMI での HDR 10 および HLG (ハイブリッドログガンマ) にも対応しています。

さらに詳しく

Thunderbolt

デジタル収録 & 再生機 Ki Pro に
対応した Thunderbolt アクセサリー

hero ki stor dock

Ki Stor Dock

外付けの Ki Stor メディアドックは Thunderbolt™ と USB3 で接続でき、ホストコンピュータに高速でメディアを転送が行えます。Ki Pro Rack のメディアファイルを高速でホストコンピュータとやり取りするのに最適です。

さらに詳しく

hero pak dock

PakDock

外付けの Pak メディアドックは Thunderbolt™ と USB3 で接続でき、ホストコンピュータに高速でメディアを転送が行えます。Ki Pro Quad、Ki Pro Ultra または Ki Pro Ultra Plus のメディアファイルを高速でホストコンピュータとやり取りするのに最適です。

さらに詳しく

関連情報

日々進化する放送技術に対し、AJA は世界中の放送、制作、ポストプロダクション、プロ AV システムインテグレーター産業が将来に渡って使用できる技術を提供しています。

AJA 製品を扱う販売会社は、以下の購入先情報からご確認いただけます。また、AJA-JP では購入前に製品を実際に確認できる、評価用の機材を無料貸出しています。

Copyright © 2019 AJA-JP