Ki Pro Rack

VTR に取って変わるもの

hero kiprorack1

1RU 形式の Ki Pro Rack は、テープからの移行を進める放送関係者に最適な性能を提供します。

Ki Pro Rack 概要

32-features cameos block1

ファイルベースワークフローへの移行

録画および再生においてテープからファイルベースのワークフローへと変換を行うビデオ設備用として、素材をソースから編集機器へ可能な限り迅速に取り込めるよう、Ki Pro Rackは高品質で「すぐに編集できる」ファイルキャプチャを提供します。

プロフェッショナルな接続を豊富に備えた Ki Pro Rack は、既存のケーブルやルーティングシステムへすぐに取り付けられ、10-bit の Apple ProRes および Avid DNxHD ファイルを、リムーバブルのハードディスクや SSD ストレージモジュールに直接収録して、時間のかかるロギングやキャプチャなどの必要性を排除します。ファイルは別途トランスコーディングやインポートなどを必要とせずに大半の編集システムで使用できます。

33-features cameos block unifyformats

フォーマットを統一してワークフローを加速

AJA の高度なアップ/ダウン/クロスコンバージョン機能により、SD、720p、1080i を容易に統一し、プロジェクトに最適な 1 つのフォーマットを作成することができます。SDI や HDMI、アナログといったビデオおよびオーディオ接続が多数あるため、Ki Pro Rack と他の装置を簡単に統合することができます。

12-features cameos block3

RS-422 コントロール

RS-422 コントロールによって、Ki Pro Rack がサポートされている編集システムや外部コントローラーと簡単に統合することができるため、従来型の VTR が備えたいくつかの機能が実現します。サポートされている NLE では、アセンブル編集を直接 Ki Pro Rack に行うことも可能です。

Ki Pro Rack の RS-422 コントロールを使用することによって、従来型の VTR と Ki Pro Rack をリンクさせて、編集を直接管理することもできます。また、適切に装備された VTR で編集コントロールを使用すると、Ki Pro Rack を制御してビデオおよびオーディオを機器間で転送することもできます。これによって、編集コントローラーを別に用意しなくても、Ki Pro Rack でテープの映像素材をファイルとして直接キャプチャーすることが可能です。

34-10 bit 422 1x

10-bit フルラスター収録

優れた品質をコンパクトなファイルサイズで実現。Ki Pro Rack は 10-bit フルラスターファイルで収録するため、後処理の要件およびクライアントの要望に容易に応えられます。

8-bit の録画機器と比較すると、10-bit の 4:2:2 録画 (コーデックによりサポートされている場合) では、優れた量子化が実現することにより、オリジナルシーンをより忠実に再現でき、ポストプロダクションで色とバランスを調整する際もより柔軟な処理が可能となります。

効率的な ProRes および DNxHD コーデックを利用することによって、ファイルサイズが抑えられるため、ストレージの追加によって予算を使い切ってしまうこともありません。

1610-KiProtect KPR image 2

Ki Protect

Ki Pro Rack は Ki Protect に対応しています。この機能は、メディアドライブが予期せず取り外されたり、収録中に電源が落ちたりした場合にデータを正常に保つのに役立ちます。この Ki Protect 機能は、レコードボタンが押された際、映像、音声、タイムコード用の保存スペースが予め自動的にメディアドライブに割り当てられるものです。

収録中、ファイルのヘッダーは絶え間なくアップデートされ、常に新しいデータが書き込まれます。この方法では、操作が中断してしまいメディアドライブが取り除かれたときにも出来る限り収録がおこなわれるため、被害を最後の数フレームに留めることができます。フレームは保存やリカバリーが行える状態で保存されるので、より安心してオンセットやスタジオで収録を行えます。

15-features cameos block6

信頼性の高いストレージ メディア

Ki Pro Rack は信頼性の高い AJA KiStor メディアに直接キャプチャーします。KiStor メディアは、さまざまな容量の HDD や SSD として使用できるため、制作環境の条件に極めて効果的に適合させることができます。さらに、KiStor モジュールには、FireWire 800 または USB 3.0 コネクタがビルトインされているため、標準的なインターフェイスを使用する編集システムに直接接続することができます。また、KiStor メディアでは、Thunderbolt™; 接続を搭載した KiStor Dock (オプション) を使用し、超高速なデータ転送を実現することも可能です。

Ki Pro Rack のツインメディアドライブベイによって、メディアの交換は極めて高速に行うことができます。最初のドライブがイジェクトするまで待つことなく即座にドライブを切り替えて録画することができます。

36-features cameos block4

使いやすいコントロールと操作

テープデッキの操作に慣れていれば、Ki Pro Rack を扱った時にその使いやすさをすぐに実感できます。

Ki Pro Rack には、従来のテープデッキと全く同じように分かりやすい専用のトランスポートボタン (録画、再生、停止、巻き戻し、早送り) が備わっているため、時間をかけずに簡単に操作できるようになります。システムのステータスと重要な設定情報は、備え付けのディスプレイに分かりやすく表示されます。その他の操作情報については、ステータスメニューで見ることができます。この情報には収録時および再生時でもアクセスすることが可能です。

Ki Pro Rack の操作システムメニューはフラットな構造になっているので操作を容易に行えます。また、メニューのパラメーターは明確で分かりやすい言葉で表示されます。

37-features cameos block5

自動化

Ki Pro Rack は高度な再生や自動化の機能で従来のテープデッキを凌いでいます。Ki Pro Rack はファイルベースであるため、前面パネルまたは内蔵の Ethernet 接続を介して、シークタイムなしであらゆるクリップを瞬時にキューへ入れて再生することができます。開発者向けツールも揃っているため、上級ユーザーがカスタムアプリケーション用に Ki Pro Rack や Ethernet を備えた他の AJA 製品をスクリプト処理や自動化することが可能です。

1549-1792-1441-closecaption

クローズドキャプション対応

クローズドキャプションをエンベッドしてレコードやプレイアウトを行う必要がある場合、Ki Pro Rack は、その需要に完全に適応します。

Ki Pro Rack は SDI 入力中の CEA-708 を認識することができ、エンコードしたクローズドキャプションを Apple ProRes 収録ファイルにエンベッドします。プレイバックの際には、Ki Pro Rack の 4 つの 3G-SDI 出力から、収録ファイル中のクローズドキャプションを利用できます。

38-features cameos block10

プロフェッショナルな接続

Ki Pro Rack の背面パネルにあるビデオおよびオーディオ接続端子は、従来型のテープデッキにある標準的なコネクタと同じ機能を提供するため、既存の配線およびルーティングと簡単に統合させることができます。背面の接続部には、以下が含まれています。(SDI、HDMI、アナログコンポーネント、AES およびアナログ XLR バランスドオーディオ、LTC、RS-422、LAN)

19-features cameos block9

Ethernet によるファイル転送

Ethernet 接続を使って Ki Pro Rack から、またはKi Pro Rack にメディアをコピーすることができます。 これにより物理的にメディアを取り外すことなく、高速なファイル転送が可能になります。これは特に大規模な設備に有効で、マシンルームで必要な人員を大幅に削減して、意図しない装置への干渉のリスクを最小限に抑えます。

41-41-features cameos block9 kpr screen

リモート設定と操作

トラックまたはマシンルームでは、Ki Pro Rack によって高度な遠隔制御と設定が可能です。ホストコンピューターおよび Web ブラウザとの標準的な Ethernet LAN 接続によって、あらゆる Ki Pro Rack のパラメーター設定、クリップ選択、トランスポートコントロールを制御することが可能です。その際、ホストコンピューターに追加のソフトウェアや特別なソフトウェアをインストールする必要はありません。複数の Ki Pro Rack ユニットを単一の Web インターフェイスからコントロールすることもできるため、Ki Pro Rack はマルチカメラ撮影のための理想的なソリューションとなります。

1612-340-cameo data-calc2

AJA DataCalc

デジタイズの前に必要なストレージ容量を計算することで、チームの作業を軌道に乗せます。
OS X 向けの Gatekeeper の認証を獲得。

注記:AJA Data Rate Calculator は、すべての KONA カード、Io Express および Io HD のシステム インストールの一部として提供されています。

Mac 版をダウンロード

Windows 版をダウンロード

iOS 版をダウンロード

Android 版をダウンロード

技術仕様

技術仕様

ビデオ入力

  • 1080i 25, 29.97, 30
  • 1080PsF 23.98, 24, 25*, 29.97*
  • 1080p 23.98, 24, 25, 29.97
  • 720p 23.98, 25*, 29.97*, 50, 59.94, 60
  • 625i 25
  • 525i 29.97

* 注 : 25 および 29.97 では、有効なカメラ ソースおよび Type (タイプ) >PsF の選択が必要となります。

コーデックのサポート

  • Apple ProRes 422
  • Apple ProRes 422 (HQ)
  • Apple ProRes 422 (LT)
  • Apple ProRes 422 (Proxy)
  • Avid DNxHD HQX (220x)
  • Avid DNxHD SQ (145)
  • Avid DNxHD LD (36) (1080p 形式のみをサポート)

収録時間の目安

リムーバブルストレージ

  • AJA KiStor モジュール - 2 スロット (ロールオーバー レコーディング付)

デジタルビデオ入力

  • SD/HD-SDI, SMPTE-259/292/296, 10-bit
  • Single Link 4:2:2 (BNC x 2、ソフトウェアでの入力選択)
  • HDMI v1.3

アナログビデオ入力

  • SD/HD コンポーネント (BNC x 3)
  • SMPTE/EBU N10, Betacam 525 line, Betacam 525J
  • 12-bit A/D, 2 倍オーバーサンプリング
  • +/- .25 dB to 5.5 MHz Y 周波数応答
  • +/- .25 dB to 2.5 MHz C 周波数応答
  • .5% 2T パルス応答
  • <2 ns Y/C ディレイ不均等、または、コンポジット (BNC x 1 – CVBS on Y)

デジタルビデオ出力

  • SD/HD-SDI, SMPTE-259/292/296, 10-bit
  • Single Link 4:2:2 (1 x BNC)
  • HDMI v1.3

注 : HDMI では 1080i または 720p、1080p がアクティブになっている必要があります。HDMI は PsF には対応していません。

アナログビデオ出力

  • コンポーネント (BNC x 3)
  • NTSC, NTSCJ, PAL
  • HD:YPbPr, RGB
  • SD:YPbPr, RGB (コンポーネント モード)
  • SMPTE/EBU N10, Betacam 525 line, Betacam 525J, RGB
  • 12-bit D/A, 8 倍オーバーサンプリング
  • +/- .2 dB to 5.5 MHz Y 周波数応答
  • +/- .2 dB to 2.5 MHz C 周波数応答
  • .5% 2T パルス応答
  • <1 ns Y/C ディレイ不均等、または、コンポジット (1 x BNC – CVBS on Y)
  • +/- .2 dB to 5.0 MHz Y 周波数応答
  • +/- .2 dB to 1 MHz C 周波数応答
  • <1% 微分位相 (DP)
  • <1% 差動利得 (DG)

デジタルオーディオ入力

  • 8 チャンネル、24-bit SMPTE-259 SDI エンベデッドオーディオ、48kHz サンプルレート、同期
  • 2 チャンネル、24-bit HDMI エンベデッドオーディオ、48kHz サンプルレート、同期
  • 8 チャンネル、24-bit AES/EBU オーディオ、48kHz サンプルレート、同期または非同期、内部サンプルレート変換 (BNC x 4)

アナログオーディオ入力

  • 2 チャンネル、24-bit A/D アナログオーディオ、48kHz サンプルレート、バランスド (XLR x 2)
  • +24dbu フルスケール デジタル
  • +/- 0.2db 20 to 20kHz 周波数応答

注 : CONFIG メニュー パラメータによるラインまたはマイクの選択

デジタルオーディオ出力

  • 8 チャンネル、24-bit SMPTE-259 SDI エンベデッドオーディオ、48kHz サンプルレート、同期
  • 8 チャンネル、24-bit HDMI エンベデッドオーディオ、48kHz サンプルレート、同期
  • 8 チャンネル、24-bit AES/EBU オーディオ、同期または非同期、内部サンプルレート変換 (BNC x 4)

アナログオーディオ出力

  • 2 チャンネル、24-bit D/A アナログオーディオ、48kHz サンプルレート、バランスド (XLR x 2)
  • +24dbu フルスケール デジタル (0dbFS)
  • +/- 0.2db 20 to 20kHz 周波数応答
  • ステレオ アンバランスド ヘッドフォン (3.5 mm ミニジャック x 1)

アップコンバージョン

  • ハードウェア 10-bit
  • アナモフィック:フルスクリーン
  • ピラーボックス 4:3:両脇に黒帯を付けて、4:3 画像を画面中央に配置します。
  • ズーム 14:9:4:3 画像を少し拡大し両脇に黒帯を付けて 14:9 画像にします。
  • ズーム レターボックス:画像を全画面になるまで拡大します。
  • ズーム ワイド:拡大と水平方向の引き延ばしを組み合わせて 16:9 画面にします。これにより、アスペクト比が若干変わる場合があります。

ダウンコンバージョン

  • ハードウェア 10-bit
  • アナモフィック : フルスクリーン
  • レターボックス : 上下の黒帯が画像領域に追加され画像が縮小します。アスペクト比は変わりません。
  • クロップ : 新しい画面サイズに合わせて、画像が切り取られます。

クロスコンバージョン

  • ハードウェア 10-bit
  • 1080i → 720p
  • 720p → 1080i

タイムコード

  • SDI RP188/SMPTE 12M による SDI BNC
  • HDMI (互換性のあるカメラと共に使用した場合)
  • LTC 入力 (BNC x 1)
  • LTC 出力 (BNC x 1) (注 : 再生中はアクティブです。収録および EE 中はアクティブではありません。)

リファレンス入力

  • アナログ ブラックバースト (1V) またはコンポジット シンク (2V または 4V)
  • ループ、ターミネートなし

ネットワークインターフェイス

  • 10/100/1000 Ethernet (RJ-45)
  • リモート コントロールのためのエンベデッド ウェブサーバー

ユーザーインターフェイス

  • 専用ボタンをともなった 20 x 2 英数字表示

クローズドキャプションサポート

  • CEA-708, CEA-608

マシンコントロール

  • RS-422、DE-9 メス端子、Sony 9 ピン プロトコル
  • 9 ピン D コネクタのピン配列 (下表):
1 GND
2 TX-
3 RX+
4 GND
5 No Collection
6 GND
7 TX+
8 RX-
9 GND
Shell GND

サイズ (W x D x H)

  • 482.6mm x 377.4mm x 44.5mm (19.0 インチ x 12.5 インチ x 1.75 インチ)

重量

  • 3.4 kg (7.3 lb)

電源

  • 100-240 VAC 50/60 Hz, 冗長電源, 通常 40W

環境

  • 動作気温 : 0℃ から 40℃ (32°F から 104°F)
  • ストレージ温度 : -40℃ から 60℃ (-40°F から 140°F)
  • 相対湿度 : 0% から 90% (結露なきこと)
  • 動作高度 : 3,000m 未満 (10,000ft 未満)

付属品

  • Ref Loop BNC Termination x 1
  • ゴム脚 x 4
  • 電源ケーブル x 2
  • 保証書

オプション

  • KiStor モジュール
  • KiStor Dock

※本製品は RoHs 対応製品です。

接続端子

Ki Pro Rack 前面/背面

Front view in KI PRO Rack small
ki-pro-rack-back small

オプション

オプション製品

15-features cameos block6

KiStor モジュール

KiStor ストレージ モジュールは徹底的にテストされたメディアを使用しており、1 年間の保証が付いています。また、KiStor ストレージ モジュールは、過酷な制作過程での使用を想定して設計されています。すなわち、メディアのための堅牢なハウジングに加え、複数の挿入および取り外しで定評のあるコネクタも使用されているため、繰り返し使用されることを想定して設計されていないベア HDD および SDD とは異なります。

KiStor モジュールはデバイス上でフォーマットできる、真のスタンドアローン レコーダーです。メディアをフォーマットするためにホストコンピュータに接続する必要はありません。

詳細

options cameos module usb

KiStor Dock

外部ドッキング ステーションでは、Thunderbolt™ と USB 3.0 接続の両方がサポートされているため、PC または Mac と KiStor モジュール間で超高速なファイルの転送が可能になります。すべての KiStor モジュールで機能します。

KiStor Dock 取扱説明書をダウンロード

KiStor

15-features cameos block6

KiStor ストレージモジュール

Ki Pro / Ki Pro Rack で収録を行う場合は、KiStor ストレージ モジュールを記録メディアとして使用します。KiStor モジュールには容量、接続端子が異なる、以下のラインナップがそろっています。

※KiStor ストレージ モジュールは、Ki Pro と Ki Pro Rack の両方で、そのまま記録メディアとして使用できます。


ドライブ 容量 (GB) FireWire800 USB3.0 製品名
HDD
250
tick   【生産終了】KiStor Hard Drive Storage Module 250GB
  tick 【生産終了】KiStor USB 3.0 Hard Drive Storage Module 250GB
500
tick
  【生産終了】KiStor Hard Drive Storage Module 500GB
  tick Ki Stor USB 3.0 Hard Drive Storage Module 500GB
750
  tick 【生産終了】KiStor USB 3.0 Hard Drive Storage Module 750GB
1000(1TB)
  tick KiStor USB 3.0 Hard Drive Storage Module 1TB
SSD
128
tick   【生産終了】KiStor SSD Storage Module 128GB
300 tick   【生産終了】KiStor SSD Storage Module 300GB
256   tick KiStor USB 3.0 SSD Storage Module 256GB
512   tick KiStor USB 3.0 SSD Storage Module 512GB