Ki Pro Quad

現状ファームウェアにおいて、4K/UHD 50 および 59.94 p 収録には対応しておりません。(2017/09/25 現在)
※Canon C500などのRAW データのリアルタイム ディベイヤー出力、および入力パススルーにおいては、4K/UHD 60p出力をサポートします。
投稿日: 2014年 5月 30日 (金)
役に立ちましたか?
Ki Proのインターバル収録における収録フレーム数は1フレームに固定されています。収録フレーム間のインターバルタイムは、CONFIGURATIONメニュー”9.2 INTERVAL TIME”で定めた設定を、”9.1 INTERVAL FRAMES”で定めたフレーム数で割ることで算出できます。
例えば、”9.1 INTERVAL FRAMES”を[2]、”9.2 INTERVAL TIME”を[Minute]に設定した場合、30秒間隔で1フレームを収録し1分間で合計2フレームを収録します。”9.1 INTERVAL FRAMES”を[6]、”9.2 INTERVAL TIME”を[Minute]に設定した場合は、10秒間隔で1フレームを収録し1分間に合計6フレームを収録します。
投稿日: 2014年 10月 07日 (火)
役に立ちましたか?

関連情報

日々進化する放送技術に対し、AJA は世界中の放送、制作、ポストプロダクション、プロ AV システムインテグレーター産業が将来に渡って使用できる技術を提供しています。

AJA 製品を扱う販売会社は、以下の購入先情報からご確認いただけます。また、AJA-JP では購入前に製品を実際に確認できる、評価用の機材を無料貸出しています。

Copyright © 2019 AJA-JP