KONA LHi

マルチ フォーマットのアナログおよびデジタル I/O

hero KONA JetBus v2

アナログとデジタル双方の SD および HD ワークフローに対応する、極めて柔軟なカードです。

KONA LHi 概要

68-KONA Features PowertoPerform

柔軟なワークフロー

KONA LHi は必要な接続に合わせて、多種多様なフォーマット、フレーム レート、オーディオ/ビデオ ソースを提供します。KONA LHi は、アナログ デバイスと最新の 3G-SDI および HDMI 対応の製品との間のギャップを解消し、手頃な価格の強力で使いやすい製品として、プロフェッショナル品質のビデオ編集、モニタリング、マスタリングを実現します。

69-feature KONA LHi v5

多用途な接続性

HDMI 対応カメラから HD-SDI VTR まで、あらゆるデバイスに接続する KONA LHi は、10-bit または 8-bit 非圧縮ビデオ、2 チャンネル AES デジタル オーディオおよび 8 チャンネル SDI エンベデッド デジタル オーディオ、アナログ コンポジットまたは S-video または SD/HD コンポーネント ビデオ I/O、2 チャンネル バランスド アナログ オーディオ I/O など、妥協のない機能を数多く提供しています。

451-4k monitor2 1x

HDMI 統合

KONA LHi は HDMI 1.3a に対応しているため、ビデオ バンディングが取り除かれ、グラデーションや豊富な色彩パレットを保持した壮大な 10-bit ビデオを「ディープ カラー」対応モニターに送り込むことができます。受信する HDMI 信号を KONA LHi の SDI 出力に送信し、よりプロフェッショナルな環境で使用することもできます。

64-features cameos block5

AJA ハードウェア変換

KONA LHi にはフル 10-bit 放送用動き適応型 SD から HD へのアップコンバージョン、HD – HD のクロスコンバージョン、HD から SD へのダウンコンバージョン、および自動 HD/SD 12-bit コンポーネント アナログ出力機能があります。KONA LHi の変換はハードウェア ベースなため、収集中も再生中も常に使用できます。

出力は個別に設定できるため、HD と SD の同時出力が可能です。または 720 や 1080 といった 2 つの異なる種類の HD を、クロスコンバージョンによって同時出力することができます。

415-RS422 1x

RS-422 コントロール

同梱のブレイクアウト ケーブルまたはオプションの KLHi-BOX ブレイクアウト ボックスで 9 ピンの RS-422 接続が利用できるため、KONA LHi は外部デバイスを制御してフレームを正確に収集し、レイオフすることができます。

66-kona-avid-monitor

広範なソフトウェア サポート

AJA ハードウェアは、編集、視覚効果、グラフィックス、その他の多数の専門的ソフトウェアによってサポートされており、同じ AJA デバイスの同一システム上でさまざまなアプリケーションを使用できます。さらに、AJA には特定のソフトウェア パッケージを実行せずに AJA ハードウェアのパワーを活用できる、さまざまな無料アプリケーションが付属しています。これにより、貴重なリソースを必要以上に使うことなく独自のワークフローを作成することができます。

ソフトウェア対応表はこちら

software-logos
417-feature fullwidth KHLI Box

KLHi-Box で接続性を拡張

オプションの KHLi-Box ブレイクアウト ボックスを使用すると、KONA LHi をラック環境に簡単に統合できるため、あらゆるビデオおよびオーディオ接続に素早くアクセスできます。他の接続系統には、BNC デジタル AES/EBU コネクタおよび RCA オーディオ モニタリング ジャックがあります。

接続端子を表示

Copyright © 2018 AJA Fulfillment Center