製品別

Ki Pro Ultra Plus

Ki Pro Ultra Plus のレコーディング入力と共に、ゲンロックも実行してください。マルチチャンネル収録やモニタリングの際に、不具合が生じる可能性があります。
投稿日: 2019年 5月 16日 (木)
役に立ちましたか?
あいにくですが、Ki Pro Ultra Plus ではマルチチャンネル収録の場合には、収録されるチャンネル全ての入力ソースは同じフォーマット(解像度・フレームレート)に揃えていただく必要があります。なお、Audio Input および Encode Type (収録コーデック) については、チャンネル毎に設定を変えて頂くことができます。
投稿日: 2018年 6月 29日 (金)
役に立ちましたか?
各チャンネルごとにそれぞれ AES, HDMI, SDI/Fiber, Analog から選択できます。”Config”メニュー:2.10 - 2.13 Audio Input 1-4 から設定可能です。
投稿日: 2018年 2月 28日 (水)
役に立ちましたか?
1クリップの収録時間(可能範囲は5~240分)を設定すると、自動的に設定した時間でクリップを分割し新しいクリップとして収録を続ける機能があります("Media" メニュー : 12.3 Record Minutes )。
また、映像信号がドロップすると自動的に収録を停止する機能もあります("Media" メニュー : 15.4 Dropped Frames )
投稿日: 2017年 12月 18日 (月)
役に立ちましたか?
専用の PakMedia 以外の SSD は Ki Pro Ultra および Ki Pro Ultra Plus では動作保証がされておりません。
なおハードディスクですと、Pak-Adapt-eSATA と言うアダプターを用いて、eSATA コネクターに条件付きで RAID もしくはシングルボリュームのストレージを eSATA ケーブル経由で接続し、収録可能なドライブとして利用できます。
AJA での動作保証がされているのは、Pak-Adapt-eSATA マニュアル記載の Western Digital 社製のハードディスクドライブになります。https://www.aja.com/products/pak#support
投稿日: 2017年 9月 25日 (月)
役に立ちましたか?
あいにくですが、Pak-Adapt-eSATA 経由はマルチチャンネル収録にはご利用いただけません。マルチチャンネル収録には、PAK1000/PAK512 R1/PAK256 R1 をご利用ください。
投稿日: 2017年 12月 18日 (月)
役に立ちましたか?

Ki Pro Ultra

"Config.55.71 Daylight Savings" はサマータイム設定の項目です。"ON" に設定すると、内部時計の時刻が1時間繰り上がります。
工場出荷時は "ON" に設定されているため、国内で製品を運用する場合は "Daylight Savings" を "OFF" に設定してください。
投稿日: 2016年 1月 15日 (金)
役に立ちましたか?

Ki Pro Quad

現状ファームウェアにおいて、4K/UHD 50 および 59.94 p 収録には対応しておりません。(2017/09/25 現在)
※Canon C500などのRAW データのリアルタイム ディベイヤー出力、および入力パススルーにおいては、4K/UHD 60p出力をサポートします。
投稿日: 2014年 5月 30日 (金)
役に立ちましたか?
Ki Proのインターバル収録における収録フレーム数は1フレームに固定されています。収録フレーム間のインターバルタイムは、CONFIGURATIONメニュー”9.2 INTERVAL TIME”で定めた設定を、”9.1 INTERVAL FRAMES”で定めたフレーム数で割ることで算出できます。
例えば、”9.1 INTERVAL FRAMES”を[2]、”9.2 INTERVAL TIME”を[Minute]に設定した場合、30秒間隔で1フレームを収録し1分間で合計2フレームを収録します。”9.1 INTERVAL FRAMES”を[6]、”9.2 INTERVAL TIME”を[Minute]に設定した場合は、10秒間隔で1フレームを収録し1分間に合計6フレームを収録します。
投稿日: 2014年 10月 07日 (火)
役に立ちましたか?

Ki Pro Rack

Ki Storage Module 250 の外形寸法は下記になります。(注:実測値によるデータ)
  • 縦:8.8cm
  • 横:12.6cm
  • 高さ:2.3cm
  • 重量:254g
投稿日: 2016年 12月 08日 (木)
役に立ちましたか?
メニュー14.0【Encode Mode】で『DNxHD』に設定されている場合、メニュー14.1に『ProRes』は出てきません。その場合は、メニュー14.0で『ProRes』を選択し、ADJUSTボタンのUPを1回押したあと、更に2秒以上押してください。そうすると本体が自動で再起動し、『ProRes』モードに設定が変更され、メニュー14.1【Encode Type】に『ProRes 422』『ProRes 422HQ』『ProRes 422LT』『ProRes 422PX(Proxy)』が表示されるようになります。
投稿日: 2014年 12月 11日 (木)
役に立ちましたか?

Ki Pro Mini

Ki Pro Mini で CFカードをフォーマットするには、Ki Pro Mini の空いたスロットに装着し、SLOT ボタンを押してフォーマットするCFカードが入ったSLOTを選択し、次のように操作します。
 
  1. 初めて Ki Pro Mini で使う場合は、”Warning Media Unformatted” のメッセージが表示されます。
  2. STOP ボタンを押します。
  3. MEDIA ボタンを押します。
  4. メニューの 16.1 Format Media が表示されるまで、SELECT Up/Down ボタンを押します。
  5. ADJUST Up ボタンを押すと”FORMAT” が表示されますので、そのあと再度ADJUST Up ボタンを押します。
  6. Ki Pro Mini は消去する前に確認画面を表示し、フォーマットを始める前に ADJUST Up ボタンを2秒以上押し続けるように指示します。
    • フォーマット操作を中止するには、ADJUST Up ボタンを押さないか、他のキーを押します。
  7. 進捗状況が表示され、終了すると 16.1 Format Media が再度表示され、初期化完了です。

 

投稿日: 2014年 5月 30日 (金)
役に立ちましたか?
メニュー14.0【Encode Mode】で『DNxHD』に設定されている場合、メニュー14.1に『ProRes』は出てきません。その場合は、メニュー14.0で『ProRes』を選択し、ADJUSTボタンのUPを1回押したあと、更に2秒以上押してください。そうすると本体が自動で再起動し、『ProRes』モードに設定が変更され、メニュー14.1【Encode Type】に『ProRes 422』『ProRes 422HQ』『ProRes 422LT』『ProRes 422PX(Proxy)』が表示されるようになります。
投稿日: 2014年 12月 11日 (木)
役に立ちましたか?

Ki Pro

Ki Storage Module 250 の外形寸法は下記になります。(注:実測値によるデータ)
  • 縦:8.8cm
  • 横:12.6cm
  • 高さ:2.3cm
  • 重量:254g
投稿日: 2016年 12月 08日 (木)
役に立ちましたか?

関連情報

日々進化する放送技術に対し、AJA は世界中の放送、制作、ポストプロダクション、プロ AV システムインテグレーター産業が将来に渡って使用できる技術を提供しています。

AJA 製品を扱う販売会社は、以下の購入先情報からご確認いただけます。また、AJA-JP では購入前に製品を実際に確認できる、評価用の機材を無料貸出しています。

Copyright © 2019 AJA-JP