Ki Pro製品を使って収録をしていたら、途中で収録動作が止まってしまいました。何が原因なのでしょうか?

まずはお使いのメディア容量がどれくらい残っているかをご確認ください。Ki Pro製品はメディアの残量が15%になると警告し、残量が10%に達すると収録が止まります。
もし容量にまだ余裕がある場合は、リールネームがTake 999になっていないかどうかをご確認ください。TAKE 999になっていると次のTAKEから収録できなくなります。Takeを1に戻してメディアをフォーマットすると、Takeが1から始まり収録できるようになります。
投稿日: 2015年 7月 29日 (水)
役に立ちましたか?

関連情報

日々進化する放送技術に対し、AJA は世界中の放送、制作、ポストプロダクション、プロ AV システムインテグレーター産業が将来に渡って使用できる技術を提供しています。

AJA 製品を扱う販売会社は、以下の購入先情報からご確認いただけます。また、AJA-JP では購入前に製品を実際に確認できる、評価用の機材を無料貸出しています。

Copyright © 2019 AJA-JP