Slide background

HELO は、H.264 レコーディングとストリーミングを可能にする AJA の新しいスタンドアロン型アプライアンスです。 HELO は 1 台で SDI と HDMI の I/O に対応しており、 CDN (Content Delivery Networks) で配信しながら、同時に SD カードや USB ストレージ、ネットワークストレージなどに高品質な H.264 ファイルとしてエンコードし収録します。

HELO 概要

HELO stack

ポータブルですぐに持ち出せる

小型で堅牢な筐体の HELO は、忙しいスケジュールの中で不可欠なものとなります。ライブイベント、ウェブキャスト、プロダクションやポストの場所は多種多様で、いずれにおいても熱に強いデバイスが必要とされます。 HELO はいかなるニーズにも対応します。常にフルサイズでの端子接続が行え、継続的に配信するよう設計されています。

HELO は高品質で効率的な H.264 で最大 1080p 60 をエンコードすることで、1台のデバイスで HD-SDI と HDMI 両方のソースからの入力に対応します。

Content Delivery Network (CDN) にストリーミング出力しながら、同時に SD カードや USB ストレージ、ネットワークベースの共有機器に収録します。

h264 logo2

エンコード

目指す目標は、素晴らしい結果を伴った効率化です。

HELO はバンド幅の効率を保ちながら、多種類の互換性あるファイルを H.264/MPEG-4 にエンコードします。タブレットからスマートフォンへ、デスクトップからスマートテレビへ、変換する必要なく実行します。

2 チャンネルステレオオーディオを、32kbps から 256kbps までのデータレートの Mpeg-4-LC に最大 24-bit 48kHz でエンコードでき、各々のプロジェクトにとって相応しいデータレートを選択することを可能にします。

helo streaming2

ストリーミング

ストリーミングは複雑になることがありますが、HELO はそれを簡略化します。

USB 接続と確実性のある Web ブラウザベースの UI により設定が行え、イベントへ到着する前に CDN 接続の構成を行えます。イベントへ到着したら、単に Stream ボタンを押すだけで HELO の Ethernet を経由してプロジェクトが転送されます。RTP/RTSP や RTMP と同様、Unicast にも対応します。

img record helo

レコーディング

ライブは「今」を意味し、同時に「プレッシャー」をも併せ持ちます。

即席のレコーディングを行うために、HELO の小さく持ち運びできるインターフェイスの前面右側には、専用の Record ボタンが備え付けられています。NTFS 3.1 または FAT 32 でフォーマットした USB ドライブや SD カード、またはネットワークに接続されたストレージを繋げるだけで、すぐにレコーディングすることができます。

便利な接続

helos stacked diagram2-1
Helo w thumb2-1

マスメディア

費用対効果の高いメディアの選択が可能になります。

HELO の H.264 ベースのエンコーディングは美しさだけでなく、効率的なファイルサイズも保証します。それは、レコーディングの手段が大きく開かれていることを意味します。USB メモリ、USB ドライブ、RAID ストレージ、一般的な SD または SDHC メディアもしくはスイッチ越しのネットワーク共有を使用できます。プロジェクトに相応しい手段を選択してください。

ワークフロー

Helo workflow
img eminisetup helo

ウェブサーバーを内蔵

ウェブ上で作業を行うとき、HELO がその助けとなります。

AJA eMini-Setup と HELO の使い勝手の良いウェブブラウザインターフェイスで、設定や構成、ファームウェアのアップデートをいつでも行うことができます。静的/動的 IP アドレスを設定するためには HELO の USB ポートに直接接続しますが、AJA eMini-Setup ソフトウェアもしくはネットワーク越しに HELO のウェブサーバーが生成した UIを使用します。

 
1080 helo

選択肢を拡大

HELO は 最高 1080p 60 をサポートしており、Ki Pro または CION ユーザーに対し HD 処理経路を拡張します。3G-SDI または HDMI 接続を行うだけで、ラップトップでのオンサイトポータブル編集を高速化する H.264 プロキシファイルでの収録や、必要に応じてライブキャプチャのストリーミングやプレイバックを可能にします。

仕様

技術仕様

ビデオフォーマット

  • (2K) 2048 × 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60*
  • (HD) 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
  • (HD) 1080i 25, 29.97, 30
  • (HD) 720p 50, 59.94, 60
  • (SD) 525i, 625i

* 2K 入力は SDI 入力のみ対応しており、 1080p にセンターカットします。

ビデオコーデックサポート

  • H.264/MPEG-4 エンコーダー

ビデオエンコーディングパラメーター

  • 100 kbps から 20 Mbps (TBD) ストリーミング出力
  • 100 kbps から 20 Mbps (TBD) レコーディング出力
  • 最大 1080p 60
  • Baseline, Main, High をサポート
  • 2.0, 3.0, 3.1, 4.0, 4.1 レベルをサポート

オーディオエンコーディングパラメーター

  • 32 kbps から 256 kbps
  • 32, 44.1, 48 kHz 2 チャンネルステレオ
  • MPEG-4 AAC-LC

プロトコル

  • RTMP, RTSP/RTP, Unicast, Multi Unicast (3〜10 クライアント)

ストレージ

  • 1 × USB 2.0 スロット, (NTFS 3.1 または FAT32 に対応)
  • 1 × SD Card スロット, SD, SDHC カード (NTFS 3.1)
  • ネットワーク共有にマウント

デジタルビデオ入力

  • 1 × 3G-SDI, SMPTE-259/292/296/424, 10-bit
  • Single Link 4:2:2, 4:4:4 (1 × BNC)
  • 1 × HDMI スタンダードタイプ A コネクタ
  • HDMI v1.4a, RGB または YCbCr

デジタルビデオ出力

  • 1 × 3G-SDI, SMPTE-259/292/296/424, 10-bit
  • Single Link 4:2:2, 4:4:4 (1 × BNC)
  • 1 × HDMI スタンダードタイプ A コネクタ
  • HDMI v1.4a, RGB または YCbCr

デジタルオーディオ入力

  • 2 チャンネル, 24-bit SDI エンベデッドオーディオ, 48 kHz サンプルレート, 同期
  • 2 チャンネル, 24-bit HDMI エンベデッドオーディオ, 48 kHz サンプルレート, 同期

アナログオーディオ入力

  • 2 チャンネル, アナログ (ラインレベル, アンバランスドステレオ 1 × 3.5mm TRS コネクター)

デジタルオーディオ出力

  • 2 チャンネル, 24-bit SDI エンベデッドオーディオ, 48 kHz サンプルレート, 同期
  • 2 チャンネル, 24-bit HDMI エンベデッドオーディオ, 48 kHz サンプルレート, 同期

アナログオーディオ出力

  • 2 チャンネル, アナログ (ラインレベル, アンバランスドステレオ 1 × 3.5mm TRS コネクター)

ネットワークインターフェイス

  • 10/100/1000 Ethernet (RJ-45)
  • 設定および制御が可能な組み込みウェブサーバー

ユーザーインターフェイス

  • Stream ボタン
  • Record ボタン
  • Web UI
  • AJA eMini-Setup (OSX/PC) によるウェブ上でのシンプルな設定

サイズ (W × D × H)

  • 177.8mm × 139.8mm × 25.8mm (7.00 インチ × 4.66 インチ × 1.02 インチ)

重量

  • 0.4kg (0.8 lb)

電源

  • 100-240V, 50/60 Hz ユニバーサル入力, +5-20V DC 最大 13W

動作環境

  • 動作温度 : 0℃ から 40℃
  • 保管温度 : -40℃ から 60℃
  • 相対動作湿度 : 10% から 90%, 結露なきこと
  • 動作高度 : 3,000m 未満 (10,000ft 未満)