Ki Pro (生産終了品)

ポータブルなファイルベースの HD/SD レコーダーおよびプレイヤー

hero kipro

Ki Pro は、ファイルベースのレコーダーと、テープデッキのような使いやすいコントロール機能を 1 つにした製品です。持ち運びやすい大きさでどこにでも携行することができます。

Ki Pro 概要

10-KiPro 1x

オリジナル ProRes レコーダー

Ki Pro は、テープを使用しないビデオレコーダーの新たなパラダイムを築きました。なぜなら、Apple の ProRes 422 ファイルを作成することを初めて可能にしたレコーダーだからです。その結果、映像素材を制作から編集作業に効率的に移動させる方法に革命をもたらしました。

編集者は、特別なファイル インポーターやトランスコード処理を必要とすることなく、映像素材を直ちに処理することができます。ワークフローは単純です。Ki Pro を使用して収録したら、KiStor ストレージ モジュールを Ki Pro から取り外し、内蔵されている接続端子によって KiStor ストレージ モジュールを編集システムに接続します。

11-features cameos block2

フォーマットの統一 – ワークフローを加速

AJA のハイクオリティなアップ / ダウン / クロス コンバージョンによって、SD および 720p、1080i を容易に統一し、プロジェクトにとって望ましい単一の形式を作成することができます。SDI や HDMI、アナログといったビデオおよびオーディオ接続が多数あるため、Ki Pro と他の装置を簡単に統合することができます。

12-features cameos block3

RS-422 コントロール

RS-422 コントロールによって、Ki Pro をサポートされている編集システムおよび外部コントローラーと簡単に統合することができるため、従来型の VTR がもつ機能のいくつかが実現されます。サポートされている NLE では、アセンブル編集を直接 Ki Pro に行うことさえできます。

Ki Pro の RS-422 コントロールを使用することによって、従来型の VTR と Ki Pro をリンクさせて、編集を直接管理することもできます。また、適切に装備された VTR で編集コントロールを使用すると、Ki Pro を制御してビデオおよびオーディオを機器間で転送することができます。これによって、編集コントローラーを別に用意しなくても、Ki Pro でテープの映像素材をファイルとして直接キャプチャすることができます。

13-ProRes logo 1x

10-bit フルラスター収録

優れた品質をコンパクトなファイルサイズで。 Ki Pro は、10-bit フルラスター ファイルで記録するため、後処理の要件およびクライアントの吟味に容易に応えることができます。8-bit の収録機器と比較すると、10-bit の 4:2:2 収録 (コーデックによってサポートされている場合) では、優れた量子化が実現するため、オリジナルのシーンをより忠実に再現できるようになるとともに、ポストプロダクションで色とバランスを調整する際により柔軟な処理が可能となります。

効率的な ProRes コーデックを利用することによって、ファイルのサイズが抑えられるため、ストレージの追加によって予算を使い果たしてしまうことがなくなります。

519-KiPro connections 1x

接続性

Ki Pro は非常に柔軟な接続性を備えているため、制作ワークフローにおいてほぼすべての機器と連動させることができます。後部パネルには、次のようなコネクタが搭載されています。(SDI 入出力、HDMI入出力、コンポーネント アナログ入出力、バランスドおよびアンバランスド アナログ オーディオ入出力、LTC入出力、LANC.Content)

15-features cameos block6

信頼性の高いメディアストレージ

Ki Pro は、信頼性の高い AJA KiStor ストレージ モジュールに直接キャプチャします。KiStor モジュールは、さまざまな容量の HDD および SSD として使用できるため、制作環境の条件に極めて効果的に適合させることができます。

さらに、KiStor モジュールには、FireWire 800 または USB 3.0 コネクタが搭載されているため、標準的なインターフェースを使用する編集システムに直接接続することができます。ただし、KiStor モジュールは、Thunderbolt™ 接続を搭載の KiStor Dock (オプション) を使用して、超高速のデータ転送を実現することもできます。

16-features cameos block7

リモート設定と操作

撮影現場でもマシン ルームでも、Ki Pro は高度な遠隔コントロールおよび設定が可能です。ホスト コンピュータおよびウェブブラウザとの標準的な Ethernet LAN 接続によって、あらゆる Ki Pro のパラメータ設定、クリップ選択、トランスポート コントロールを制御することができます。

その際、ホスト コンピュータに追加のソフトウェアや特別のソフトウェアをインストールする必要はありません。複数の Ki Pro ユニットを単一のウェブ インターフェイスから制御することもできるため、Ki Pro はマルチカメラ撮影のための理想的なソリューションとなります。開発者向けツールも全てそろっているため、上級ユーザーは、カスタムのアプリケーション用に Ki Pro をスクリプト処理および自動化することができます。

17-features cameos block8

使いやすいコントロールと操作

Ki Pro には、従来のテープ デッキによく似た分かりやすい専用のトランスポート ボタン (録画、再生、停止、巻き戻し、早送り) が備わっているため、時間をかけずに簡単に操作できるようになります。また、システムの現在のステータスと重要な設定情報は、備え付けのディスプレイに分かりやすく表示されます。その他の操作情報については、ステータス メニューで見ることができます。この情報は、収録時および再生時にもアクセスすることができます。

Ki Pro の操作システムのメニューはフラットな構造を取っているため、操作が容易です。また、メニューのパラメータは明確で分かりやすい言葉で表示されます。

18-features cameos camera

自動カメラ制御

KiStor ストレージ モジュールは、徹底的にテストされたメディアを使用しており、1年間の保証が付いています。また、KiStor ストレージ モジュールは、過酷な制作過程での使用を想定して設計されています。このメディアは頑丈な外筐を備え、複数の挿入や取り外しにも耐えうる丈夫なコネクタが使用されているため、繰り返し使用されることを想定して設計されていないむき出しの HDD および SDD とは異なります。

さらに、KiStor モジュールは、デバイスでフォーマットできるため、真のスタンドアロン レコーダーと言えます。メディアをフォーマットするためにホスト コンピュータに接続する必要はありません。

19-features cameos block9

Ethernet によるファイル転送

ネットワーク接続性があるため、Ethernet 接続を使って Ki Pro からまたは Ki Pro にメディアをコピーすることができます。 これにより、Ki Pro から物理的にメディアを取り外すことなく、高速のファイル転送が可能になります。これは、特に大規模な設備で有効で、マシンルームで必要な人員を大幅に削減して、意図しない装置への干渉のリスクを最小限に抑えます。

cameo data-calc

AJA Data Rate Calculator

デジタル化の開始前にストレージの必要量を計算し、チームの作業を軌道に乗せます。
OS X 向けの Gatekeeper の認証を獲得。

注記:AJA Data Rate Calculator は、すべての KONA カード、Io Express および Io HD のシステム インストールの一部として提供されています。

Mac 版をダウンロード

Windows 版をダウンロード

iOS バージョンをダウンロード

関連情報

日々進化する放送技術に対し、AJA は世界中の放送、制作、ポストプロダクション、プロ AV システムインテグレーター産業が将来に渡って使用できる技術を提供しています。

AJA 製品を扱う販売会社は、以下の購入先情報からご確認いただけます。また、AJA-JP では購入前に製品を実際に確認できる、評価用の機材を無料貸出しています。

Copyright © 2019 AJA-JP