Ki Pro GO

マルチチャンネル H.264 レコーダー

kpg header soccer

Ki Pro GO はポータブルサイズのマルチチャンネル H.264 レコーダー です。同時に最大 4 チャンネルの HD や SD ビデオを市販の USB ドライブにリダンダント収録が行えます。

柔軟にチャンネルを割り当てられる 4 系統の 3G-SDI と 4 系統の HDMI によるデジタルビデオ入力端子により、カメラを含む最新のビデオソースに対応します。Ki Pro GO 内部のフレーム同期機能により、入力されるビデオソースをあらかじめゲンロックする必要がありません。また Ki Pro Go には AJA の高品質なデインターレース(インターレース解除)機能が備わっているため、インターレース方式のビデオ入力からプログレッシブ方式で収録が可能です。どの収録チャンネルにも、高品質の 2 チャンネルエンベデッドオーディオまたは、バランスド XLR アナログオーディオを割り当てられます。マルチチャンネルマトリックスモニタリング機能により、複数のビデオチャンネルを HDMI モニターまたは SDI モニター上で確認できます。 ファームウェア v2.0 では、HDMI および SDI モニター出力へのスーパーアウト機能が強化され、タイムコード、メディア残量ステータスおよび各チャンネルのオーディオメーターを表示できるようになりました。

ハーフラック幅で 2RU の高さの Ki Pro GO は、持ち運びにもラックマウントにも相応しく、あらゆる環境に対応する設計です。

* 注記 : 初回リリースバージョン (ファームウェア v1.0) および ファームウェア v1.5 では、技術仕様での記載内容に一部対応していない機能や制限がございます。

詳しくは ダウンロードページの各ファームウェア・リリースノートを参照ください。

製品概要

4001 kpg features

主な機能

  • マルチチャンネル H.264 収録
  • USB 収録メディアスロット x 5、一般的な USB 3.2 Gen 1 メディアに対応
    • 本体での exFAT ドライブフォーマット機能搭載(ファームウェア v2.0 での新機能)
  • 任意で各チャンネルの保存先を選択可能なリダンダント収録
  • ゲンロックフリー (不要) 入力
  • 3G-SDI 入力 x 4
  • 3G-SDI 出力 x 4
  • 3G-SDI モニター出力 x 1
  • HDMI 入力 x 4
  • HDMI モニター出力 x 1
  • HDMI / SDI マルチチャンネルマトリックス (4分割) モニタリング
  • HDMI および SDI モニター出力での強化されたスーパーアウト機能:タイムコード、メディア残量ステータスおよび各チャンネルのオーディオメーター(ファームウェア v2.0 での新機能)
  • シングルチャンネル H.264 プレイバック
  • 選択可能な 5 つの VBR (可変ビットレート) 収録プロファイル(ファームウェア v2.0 での新機能)
  • 対応するタイムコード入力:
    • Time of Day (Ki Pro Go で設定された実時間)
    • 任意の Timecode 値
    • SDI RP-188
    • LTC(ファームウェア v2.0 での新機能)
      • アナログオーディオ入力(XLR)の 1 ch を使用
  • バランスド XLR アナログオーディオ入力、マイク / ライン / 48V 切替可能
  • ビデオ入力毎に 2 チャンネルのエンベデッドオーディオ
  • 使いやすいウェブ UI、標準的なウェブブラウザに互換
  • HD 解像度のスクリーンを搭載、フロントパネルのボタンで操作
  • 単独で動作
Video Poster Frame KPG_video_thumbnail

Ki Pro GO v2.0 紹介ビデオ

Ki Pro Go ファームウェア v2.0 で追加された下記最新機能をビデオでご紹介します。

  • 収録時ビットレートを 25Mbps へ拡大
  • 4:2:2 サンプリングへの対応
  • 10-bit への対応
  • 強化されたスーパーアウト機能
  • アナログオーディオ入力経由での LTC 対応
  • フロントパネルへ各チャンネルのオーディオ VU メーター表示
  • 本体での exFAT ドライブフォーマット機能
  • ネットワーク経由でのファイルダウンロード機能
  • ギャング(一斉操作)機能
4055 KiProGo FRONT rear 3

業界標準の接続性

Ki Pro GO の背面には、4 系統の 3G-SDI 入力と 4 系統の HDMI 入力が搭載されています。1 台の HD ディスプレイ上で複数のチャンネルを確認できるマトリックスモニタリング機能を用いて SDI と HDMI を分割してモニタリング可能です。マスターのソースやミキサーなどからオーディオ収録を行う際に、XLR アナログオーディオ端子を利用できます。マイク、ライン、ファンタム電源に対応します。HDMI と SDI の 2 チャンネルエンベデッドオーディオや XLR アナログ入力は、各収録チャンネルに簡単に割り当てられます。また、2つ目のアナログオーディオ入力を LTC 入力として使用することも可能です。

4 つの USB ポートが前面にあり簡単に収録メディアの抜き差しが行なえます。収録メディアは市販の USB ドライブが利用できます。背面には 5 番目の USB ポートが搭載されています。バックアップや、ポストプロダクション、クライアントまたはチーム内の別のメンバーに渡せるキャプチャーファイルのコピーとして使用できます。さらに、どのような組み合わせの収録チャンネルでも個々の USB ポートに割り当て可能で、最大限の柔軟性を実現しています。

信号がバススルーされる 4 系統の 3G-SDI 出力は、ルーター、スイッチャー、他の Ki Pro シリーズなど、さまざまなデバイスに接続可能です。

冗長化電源は、重要なライブイベントなどで求められる信頼性に応えます。

4001 KPG genlock ui 062020

入力を簡単にマッピング、収録時にゲンロックが不要

Ki Pro GO は、最大で 1080p 50/60 の映像を H.264 で 4 チャンネルまで同時に収録可能です。

Ki Pro GO の設定は簡単です。HDMI ソースと 3G-SDI ソースをそれぞれ最大 4 系統接続でき、収録する 4 つのチャンネルにはどの組み合わせの 4入力でも割り当てることが可能です。同時に、5つの USB ポートのうちいずれか 4つをそれぞれのメインの収録先として選択し H.264 で収録します。

ライブイベントなどの特に時間に余裕がない状況でも Ki Pro GO は活躍します。入力をゲンロックする必要がないので、SDI カメラ、デジタル一眼レフカメラ、または HDMI カメラなどのソースを適切な収録チャンネルへ簡単に切り替え可能です。マッピングは Ki Pro GO の洗練されたユーザーインターフェース内で行えて便利です。

4817 KPG h264 encode 062020

H.264 エンコーディング

画質とビットレートの選択

Ki Pro GO は、チャンネル毎に個別に収録プロファイルを選択できます。配信時の需要やファイルの最終的に割り当てられるプレイバックストリームの帯域に応じて、5 つの収録プロファイルを各チャンネルにそれぞれ設定できます。

最大 25Mbps まで対応した 5 つの VBR 収録プロファイルから選択が行なえます。

  • Low : 討論会、会議のバックアップ、セキュリティのバックアップなどに最適
  • Med-Low : Low よりもさらにディティールが必要なコンテンツ向き
  • Medium : より複雑なコンテンツに最適
  • Med-High : Medium よりも詳細
  • High : スポーツやライブイベントなどといった、動きが早く、よりディティールが求められるコンテンツに最適

Ki Pro GO では標準の.MP4 コーデックコンテナで収録しますので利便性があり、幅広いソフトウェアアプリケーションとの互換性も持ち合わせています。

4371 KPG MEDIA WEBUI BACKUP USB copy

リダンダント収録

Ki Pro GO は、様々なリダンダント収録の需要に対応します。

USB ポートは前面に 4 つと背面にも 5 つ目の USB ポートがあり、簡単に抜き差しが行なえ収録メディアは市販の USB ドライブが利用できます。Ki Pro Go では、各チャンネルの メイン収録先とバックアップ収録先の USB ポートを好きに選択することが可能です。このリダンダント収録機能により、バックアップ用として保存したり、ポストプロダクション、クライアントまたはチーム内の別のメンバーに渡せるキャプチャーファイルのコピーとして使用できます。

入力ソースが 1つの場合には、1つの入力ソースを用いて 4 つのメイン収録チャンネルとしつつ同時に 4つのバックアップ収録先として 5 つの USB ポートを自由に組み合わせて設定することが可能です。これによりファイルの複製が必要な場合に、1つの入力ソースを 最大 8つのキャプチャーファイルとして 5 つの USB メディアにまたがって作成することができます。

紹介しているそれぞれのワークフローは、Ki Pro GO のキーコンセプト「パスアウト」「パスアラウンド」「ハンドアウト」に焦点を当てた一例です。収録が完了したときには、既にクライアントにデータを渡す準備は整っています。

4376 KPG Recording Workflow four camera thumbnail

4 台のカメラの本線とバックアップを収録

4 台のカメラを直接 Ki Pro GO に接続し、前面の 4 つの USB スロットに挿した USB フラッシュメモリーにそれぞれのチャンネルを収録します。それと同時に、すべてのチャンネルをまとめて背面にある 5 番目の USB スロットに接続した USB ドライブにも収録を行います。

ワークフローを見る

4377 KPG Recording Workflow three camera thumbnail

3 台のカメラと 1 台の PGM の本線とバックアップを収録

3 台のカメラをミキサーに接続し、そのミキサーからカメラの ISO データとラインカット / プログラムデータを Ki Pro GO に入力します。前面の 4 つの USB スロットに挿した USB フラッシュメモリーに直接、4 つの収録チャンネルをそれぞれ収録します。それと同時に、すべてのチャンネルをまとめて背面にある 5 番目の USB スロットに接続した USB ドライブにも収録を行います。

ワークフローを見る

4374 KPU12G and KPG primary backup thumbnail

Ki Pro 12G 収録時に、本線とバックアップを H.264 で収録

マルチカメラ収録の最良な方法です。4 台のカメラを Ki Pro Ultra 12G に直接接続し、高品質な Apple ProRes フォーマットで AJA Pak Media にキャプチャーします。Ki Pro Ultra 12G から出力した 4 系統の 3G-SDI を Ki Pro GO に直接接続し、本線とバックアップを H.264 で収録します。マルチ収録、個々のカメラの ProRes データ、H.264、バックアップのキャプチャーをリアルタイムで実現します。

ワークフローを見る

4375 KPU12G and KPG proxy h264 thumbnail

Ki Pro Ultra 12G 向け H.264 プロキシ収録

Ki Pro Ultra 12G で Apple ProRes 収録時に、Ki Pro GO 上で圧縮の設定を変更して H.264 ファイルでマルチチャンネルのキャプチャーとリダンダント収録を行います。 冗長性が得られると共に、編集やポストプロダクションで使用可能な低容量のプロキシファイルも作成できる、マルチカメラ撮影に求められるプロキシワークフローです。

ワークフローを見る

4822 KPG WebGangControl

ギャング(一斉)収録機能

上記で紹介しているワークフローのように、多くのワークフローでは他の Ki Pro シリーズや複数の Ki Pro Go を用いた同時収録が必要になる場合があります。

ファームウェア v2.0 で新たに追加されたギャング(一斉)収録機能により、複数の個体で連動して収録を行うことが可能になりました。この機能は Web UI で利用可能ですが、Ki Pro Go および他の Ki Pro 製品の IP アドレスを同じネットワークのサブネットマスク内に設定し、イーサネットスイッチやハブ経由でホストコンピューターと LAN 接続されている必要があります。

Ki Pro Ultra 12G と Ki Pro Go の組み合わせはプロキシワークフローに最適です。高解像度での編集向けの Ki Pro Ultra 12G による ProRes 収録と、クライアントへの受け渡し用やストリーミング向けの Ki Pro Go での H.264 ファイルでの収録を同時に行うことが可能です。

4025 kpg post prod

マルチチャンネル編集

Ki Pro GO は各入力を個別に収録しますが、収録されたファイルはタイムコードが揃っているため、マルチチャンネル収録用のシーケンスとしてインポートできる状態になっています。

追加の変換作業やソフトウェアは不要です。単純に USB ドライブから編集ソフトウェアへ直接ドラッグ & ドロップするだけです。

Ki Pro GO のクリップ名は論理的な手法に従って付与されます。簡単にデータ管理が行え、マルチチャンネル編集に適合します。

Ki Pro GO は自動的にチャンネル番号とバックアップ名を追加するので、データ管理が簡単になります。

  • 本線の収録ファイル番号が 144 でチャンネルが 1 番目の場合 :
    Clip_ch1_144.mp4
  • バックアップの収録ファイル番号が 144 でチャンネルが 1 番目の場合 :Clip_ch1_144_bak.mp4
4007 KPG super out monitoring 062020

強化されたスーパーアウト付き HD マルチチャンネルマトリックスモニタリング

Ki Pro GO の SDI モニタリングポートや HDMI モニタリングポートに HDMI や SDI の HD モニターを接続すると、ディスプレイ毎に最大で 4 チャンネルの映像を整列させ一度に確認できます。もしくは、選択した任意の出力 1 チャンネルのフルスクリーン表示も可能で、拡大してディティールの確認が行えます。

マトリックスコンバーターや複数のモニターを使用しなくても、マルチカメラ撮影時の映像を 1 台のモニター上で柔軟に確認できるので、効率と利便性が向上します。

ファームウェア v2.0 ではスーパーアウト機能が強化され、タイムコードのオーバーレイや、チャンネル毎のオーディオ VU メーターとメディアの残量パーセンテージが SDI および HDMI モニター出力に表示されるようになりました。

4034 kpg hi res lcd

高解像度 LCD と直感的なオンスクリーンユーザーインターフェース

Ki Pro GO には鮮明な高解像度の大型 HD ディスプレイが搭載されていて、素材をありのままにモニタリングできます。ディスプレイには、ビデオモニターとメニュー / ステータスを重ねて表示可能です。親しみやすく直感的なメニューシステムのインターフェースとして機能します。くっきりと表示される詳細なオーバーレイ UI はオンスクリーンキーボード機能により、パワフルかつシンプルな操作が行えます。これらはすべて HD LCD ディスプレイに映しだされます。

Ki Pro GO には、従来のテープデッキのように直感的に扱える専用の操作ボタン (収録、再生、停止、巻き戻し、早送り) が備わっています。そのため時間をかけずに操作方法を習得できます。

現在のシステムステータスと主要な設定の情報は、内蔵の美しい高解像度 LCD スクリーンに分かりやすく表示されます。追加で操作上の情報が必要な時には STATUS (ステータス) メニューから、収録中でもプレイバック中でもアクセス可能です。

4031 kpg usb media

市販の USB メディアに対応

Ki Pro GO は FAT ファイルシステムでフォーマットされた市販の USB メディアに収録でき費用対効果が高く便利です。このファイルシステムはクロスプラットフォームに対応していて、ワークステーションやサーバーなどに問題なくファイルを送れます。

ファームウェア v2.0 では新しく、Ki Pro Go 本体でのメディアフォーマット機能が追加されました。

Ki Pro Go で使用される USB 選定の際には、最新版の AJA 推奨 USB メディアリスト(英語版のみ)を参照ください。

  • USB 3.2 Gen 1 スロット x 4:本体フロントのメイン収録用ポート
  • USB 3.2 Gen 1 スロット x 1: 本体背面のポート
  • すべてのスロットは以下の規格と互換性があります。
    • USB 2.0 (480 Mbps)
    • USB 3.0 (5 Gbps)*
    • USB 3.1 Gen 1 (5 Gbps)*
    • * SuperSpeed USB
  • 最大 5V 1A (スロット毎)
  • FAT ファイルシステム
    • FAT16
    • FAT32
    • exFAT
4058 KPU12G and KPG multi channel thumbnail

マルチチャンネル ProRes 収録用に Ki Pro Ultra 12G を一緒に使用

Ki Pro GO を Ki Pro Ultra 12G と一緒に使用すると、業務向けのマルチチャンネル収録がより完璧になります。両方のデバイスで最大 4 系統まで複数のデータストリームを Apple ProRes と H.264 でキャプチャーできます。しかも 2RU のラックスペースしか専有しません。

同一サイズの Ki Pro GO と Ki Pro Ultra 12G は、合わせて設置するのに便利です。フライパック、機材ラック、中継車、その他の施設にも適しています。

ワークフローを見る

4820 kpg xlr 062020

LTC 挿入機能

Ki Pro Go では、最大 8 つのビデオ入力ポートがあり幅広い入力ソースに対応しています。この汎用性によりタイムコードが無い入力ソースを使用されることもあるかと思いますが、ファームウェア v2.0 では、アナログオーディオ入力のうち 1 ch を用いて LTC(Longitudinal Time-Code) を挿入できるようになりました。

4821 kpg file transfer gui

ファイル転送機能

リモートワークフローの時代には、ファイル転送可能かどうかは重要です。Ki Pro Go では、どの OS でもラップトップやワークステーション経由で、Web UI を用いたネットワーク経由でのファイル転送が可能です。

4067 KPG audio 062020 720

柔軟性の高いオーディオ

Ki Pro GO は、入力された 3G-SDI や HDMI のエンベデッドオーディオ、あるいは、背面の XLR ポートから入力されたアナログオーディオのうち、2 チャンネルを各収録チャンネルにキャプチャーできます。

各 XLR ポートはライン、マイク、+48V ファンタム電源に切り替えられます。レベルコントロールと各収録チャンネルがビデオまたはアナログオーディオのいずれに従うかを選択できます。

入力ソースからそのままオーディオをキャプチャーするか、オーディオミキサーあるいはマイクのオーディオに置き換えてキャプチャーするかを柔軟に決められます。

4070 KPG web UI 490x320

リモート設定とリモート操作

Ki Pro GO には、中継車もしくは機材室などで使用するのに相応しい、リモート制御とリモート設定が行える高度な機能が備わっています。標準的な Ethernet LAN で接続されたホストコンピュータのウェブブラウザから、Ki Pro GO のすべてのパラメーターの設定、クリップの選択、転送制御が行えます。ホストコンピュータは OS を選ばず、特殊なソフトウェアを追加でインストールする必要もありません。

4819 KPG two in shelf

KPU-Shelf

2 台の Ki Pro GO は 2RU の高さに簡単にラックマウントでき、並べて設置すると便利です。施設からフライパックまで、ラックマウントのワークフローに適しています。

6550 iphone data calc 720 2

AJA Data Calc

AJA Data Calc は、iOS 、iPadOS および Android 向けのモバイル OS アプリケーションです。解像度、フレームレートおよび選択したコーデックに応じて、ストレージ容量と時間を計算できる 2 つのモードがあります。

  • DataCalc - キャプチャー前に必要なストレージ容量を計算できます
  • TimeCalc – ストレージ容量に応じて、収録可能な時間を計算できます

計算結果はアプリケーションからすぐにチームへ共有できます。

注記 : AJA Data Rate Calculator は、AJA Desktop software のシステムインストールの一部として提供されています。

iOS 版をダウンロード

Android 版をダウンロード

3years warranty image

業界最高水準のサポート

業界で最高水準だと認識されている AJA のテクニカルサポートを、すべての AJA ユーザーが受けられます。導入、設定、操作、技術的な課題など、あらゆる場面で AJA にサポートを仰げます。

Ki Pro シリーズには 3 年間の国際保証が設けられています。

関連情報

日々進化する放送技術に対し、AJA は世界中の放送、制作、ポストプロダクション、システムインテグレーターが将来に渡って使用できる技術を提供しています。

AJA 製品を扱っている販売会社は、以下の購入先情報からご確認いただけます。また、AJA-JP では購入前に製品を実際に確認できる、評価用の機材を無料貸出しています。

Copyright © 2020 AJA-JP