HB-T-HDMI 概要

HB-T-HDMI

HDMI から HDBaseT へ

HB-T-HDMI QuarterView LHS

HB-T-HDMI および HB-R-HDMI は、既存の Cat5 以上の Ethernet ケーブルを介して、業界標準の HDBaseT プロトコルを利用し UltraHD や HD の HDMI 信号を 100m 先まで簡単に延長することができるソリューションです。

デバイスコントロールが可能な双方向の IR 信号や RS-232 に対応し、備え付けのオーディオビジュアル装置やデジタルサイネージ、ライブイベント、ポストプロダクションのネットワークやスタジオなどの設備、オンセットといった様々なシーンにおけるワークフローの幅を広げます。

953-img featurecheckbox

主な機能

  • HD-BaseT 公認の 4K UltraHD シグナルエクステンダー
  • 3G-SDI から HDBaseT に変換
  • 非圧縮の 4K または HD の HDMI 信号を Cat5 以上のケーブルを使用して最大 100m 先まで伝送可能
  • VESA (コンピュータ) フォーマットと DVI に対応 (アダプター経由)
  • IR 信号を入出力
  • デバイスコントロールが可能な RS-232

関連情報

日々進化する放送技術に対し、AJA は世界中の放送、制作、ポストプロダクション、システムインテグレーターが将来に渡って使用できる技術を提供しています。

AJA 製品を扱っている販売会社は、以下の購入先情報からご確認いただけます。また、AJA-JP では購入前に製品を実際に確認できる、評価用の機材を無料貸出しています。

Copyright © 2020 AJA-JP