AJA、InterBEE 2015 で Pak-Adapt-CFast を発表

Pak-Adapt-CFast

米国報道発表資料抄訳 - 2015年11月18日

Pak-Adapt-CFast により AJA CION や Ki Pro Ultra / Ki Pro Quad から既成品の CFast メディアへのレコーディングが可能に

日本 千葉県、InterBEE カンファレンスホール 4、ブース No4206 (2015 年 11 月 18 日) — AJA Video System 社は本日、Pak-Adapt-CFast を発表しました。低価格のメディアアダプターである Pak-Adapt-CFast によって、AJA CION、Ki Pro Ultra、Ki Pro Quad で CFast メディアをレコーディングに使用できるようになります。

Pak-Adapt-CFast は AJA Pak SSD と同じコネクターと堅牢性のあるフォームファクターを採用した製品で、上部のスロットに CFast メディアを挿入することができます。ユニットには、メディアがマウントしていると緑色に点灯するインジケーターランプが付いています。Pak-Adapt-CFast は AJA CION プロダクションカメラ、Ki Pro Ultra、Ki Pro Quad で一般的な CFast メディアを利用することを可能にします。

AJA Video Systems 社長 Nick Rashby は次のように述べています。

「私たちは、ユーザーからのリクエストに応え Pak-Adapt-CFast を開発しました。ユーザーは既に、CFast メディアに対応するカメラや収録機器を複数台、プロダクションに導入しています。Pak-Adapt-CFast で私たちが提案しているのは、CION、Ki Pro Quad、そして新しく登場した Ki Pro Ultra 向けの収録用メディアの選択肢のみには留まらないのです。 」

Pak-Adapt-CFast 推奨のメディアは SanDisk Extreme Pro CFast 2.0 です。AJA は近日中に推奨する CFast メディアの一覧を公開する予定です。それによりユーザーは Pak-Adapt-CFast を利用するにあたり、より確実にパフォーマンスの予測を立てることが可能になります。

価格と発売時期

Pak-Adapt-CFast は 11月下旬より、全世界の AJA 販売代理店を通じて注文が可能です。

国内価格 (税抜) は ¥14,000 です。より詳細な情報については www.aja-jp.com にてご確認ください。

CIONについて

人間工学に基づいた軽量なデザインで、比類なき接続性を備える CION プロダクションカメラは 4K/UltraHD/2K/HD の解像度で撮影を行えます。カメラ内記録の際には Apple ProRes コーデックを用いて 12-bit ProRes 444 による素晴らしい画質で、費用対効果の高い AJA Pak SSD メディアに、最大 4K 60p でキャプチャーを行えます。Apple ProRes コーデックは、幅広い種類のポストプロダクション向けアプリケーションと互換性があります。また、CION は 4 系統の 3G-SDI 経由で最大 4K 120p 、Thunderbolt 経由で最大 4K 30p の AJA Raw を出力することも可能です。

Ki Pro Ultra について

InterBEE 2015 で発表されたばかりの Ki Pro Ultra は、次世代ファイルベース型 4K/UltraHD/2K/HD ビデオレコーダー兼プレイヤーです。HD LCD ディスプレイが組み込まれており、広範囲のビデオフォーマットに対応し、最大 4K 60p で高品質の ProRes レコーディングを行えます。ハーフラック幅で高さ 2RU の筐体は、持ち運びに使えるハンドルのオプションを備えています。Ki Pro Ultra は中継車やヘリコプター、スタジオ、デジタルサイネージなどの様々な環境で使用するのに相応しい製品です。

Ki Pro Quad について

Ki Pro Quad は AJA のポータブルビデオレコーダーで、真の意味でカメラからエディットまでの 4K ワークフローを可能にします。Ki Pro Quad は 4K/Quad HD/2K/HD を効率的な Apple ProRes や柔軟性の高い RAW データを転送するワークフローを実現します。コンパクトな筐体でレコーディングとプレイバックを行えるので、様々なカメラに簡単に直接マウントすることができ、今日そして未来に必要となるワークフローに対応します。

AJA Video Systems について

1993年の創業以来、AJA Video Systems 社はプロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質でコスト効率の高いデジタルビデオ製品を供給する、ビデオ インターフェイスや変換ソリューションの大手メーカーです。 AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、AJA Video Systems 社のウェブサイトをご覧ください。

商標および商標名は各々の所有者に属します。

本リリースに関する問い合わせ先

AFC (AJA Fulfillment Center / エイジェイエイフルフィルメントセンター)
メールアドレス : announce@aja-jp.com
TEL:0120-973-562 / FAX:03-6913-9590
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

関連情報

日々進化する放送技術に対し、AJA は世界中の放送、制作、ポストプロダクション、システムインテグレーターが将来に渡って使用できる技術を提供しています。

AJA 製品を扱っている販売会社は、以下の購入先情報からご確認いただけます。また、AJA-JP では購入前に製品を実際に確認できる、評価用の機材を無料貸出しています。

Copyright © 2020 AJA-JP