KiProUltra Front

米国報道発表資料抄訳 - 2015年11月18日

4K 60p ProRes 422 HQ 収録とファイバー接続に対応した HD LCD モニター搭載の比類なき次世代デバイス

日本 千葉県、InterBEE カンファレンスホール 4、ブース No 4206 (2015 年 11 月 18 日) ─ AJA Video Systems 社は本日、Ki Pro Ultra を発表しました。Ki Pro Ultra は、組み込み式のHD LCD モニターを備える次世代ファイルベースの 4K/UltraHD/2K/HD ビデオレコーダー兼プレイヤーです。Ki Pro Ultra は 編集しやすい Apple ProRes ファイルのキャプチャーに適しており、4K (4096 x 2160)、UltraHD (3840 x 2160)、2K (2048 x 1080)、HD (1920 x 1080) の解像度を扱えます。Ki Pro Ultra は、最大 4K 60p に及ぶ広範囲のビデオフォーマットとフレームレートをサポートしており、接続方法も柔軟で、3G-SDI、ファイバー、HDMI 端子から入出力を行えます。そのため、高解像度・ハイフレームレートのワークフローにパワフル且つ効率よく対応可能です。

ハーフラック幅、2RU の高さで新設計された Ki Pro Ultra は、あらゆるプロダクション環境に適します。アナログ、デジタル両方のオーディオ端子を豊富に備え、業界標準の 3G-SDI、HDMI、SFP ファイバー、XLR オーディオなどで接続可能です。1TB の AJA Pak1000 SSD を 2 枚使用することで、Ki Pro Ultra は最大 2時間、4K 60p ProRes 422 HQ のレコーディングを行え、ロールオーバー機能を利用することで、更に長時間の収録も可能です。統合された HD LCD ディスプレイには、透過でオーバーレイ表示される多彩で直感的なメニューとオンスクリーンキーボード機能が備わっており、モニタリングとプレイバックが行えます。Ki Pro Ultra には評価の高い AJA の Web UI も統合されているため、LAN を通じ、あらゆる Web ブラウザから簡単にアクセスでき、全てのコントロールが可能です。

AJA Video Systems 社長 Nick Rashby は次のように述べています。

「このようにコンパクトな筐体で、これほどのパフォーマンス水準を誇るデバイスは他にありません。Ki Pro Ultra は小型で柔軟な設計を行っています。つまり、卓上でもラックの中でも美しく機能し、更にハンドルも備えているため、簡単に持ち運ぶことも可能です。私たちはこれまでお客様から、4K や UltraHD の 60p ProRes 422 HQ レコーディングに対応しないのかと質問を受けてきました。それに対し、Ki Pro シリーズで知られている、頑丈で信頼できる機能的なデザインの Ki Pro Ultra と Pak1000 メディアを組み合わせたことで、その需要に応えることができました。」

Ki Pro Ultra の主な特長

  • 最大 4K 60p の解像度で 4K/UHD 解像度のレコーディングとプレイバックに対応。
  • 最大で ProRes 444までの Apple ProRes に対応。
  • 4K/UltraHD/2K/HD ソースを、信頼性が高く手頃な価格の AJA SSD メディア (最大 1TB) に直接収録可能。
  • 2 つのメディアドライブベイにより、素早いメディア交換やロールオーバーレコーディングが可能。
  • 3G-SDI、Fiber、HDMI の入出力、AES、アナログ XLR バランスドオーディオ、LTC、RS-422、LAN による高い接続性。
  • すべての出力が常に有効なため、強力なアウトプットとモニタリングが可能。
  • 高品質の 4K/UHD から HD へのダウンコンバージョンを常時実行。
  • 組み込みの 4.8インチ 720p LCD ディスプレイの直感的なメニュー構造と信頼できるモニタリング。
  • 統合された Web ベースの UI により、LAN 内のあらゆる Web ブラウザから完全に制御可能。
  • 回転する選択ノブで、素早く正確に設定の調整が可能。
  • 対応する編集システムや外部コントローラーを簡単に統合できる RS-422 制御端子搭載。
  • 固定できる 4 ピンコネクタ付きの冗長化された 12V 電源入力端子 (12V 電源が 1 台付属)。
  • 標準的な 2RUの高さとハーフラック幅の筐体により、ラックに横並びで設置可能。付属しているキャリーハンドルで持ち運びも簡単。
  • AJA のサポートと 3 年間の国際保証が付属。

価格と発売時期

Ki Pro Ultra は本日より全世界の AJA 販売代理店を通じて注文が可能です。Ki Pro Ultra は頑丈な SSD ベースの AJA Pak Media に収録を行えます。また、Pak Dock を使うとあらゆるコンピュータでメディアのプレイバックも可能です。

それぞれの価格は次の通りです。

(国内定価/税抜)

  • Ki Pro Ultra : ¥563,000
  • Pak256 : ¥70,000
  • Pak512 : ¥140,000
  • Pak1000 : ¥211,000
  • Pak Dock : ¥56,000

オプションのファイバーモジュールとラックマウントシェルフも注文可能です。

より詳細な情報については、 www.aja-jp.com にてご確認ください。

AJA Video Systems について

1993年の創業以来、AJA Video Systems 社はプロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質でコスト効率の高いデジタルビデオ製品を供給する、ビデオインターフェイスや変換ソリューションの大手メーカーです。 AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステムインテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、AJA Video Systems 社のウェブサイトをご覧ください。

商標および商標名は各々の所有者に属します。

本リリースに関する問い合わせ先

AFC (AJA Fulfillment Center / エイジェイエイフルフィルメントセンター)
メールアドレス : announce@aja-jp.com
TEL:0120-973-562 / FAX:03-6913-9590
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F