kpup press header-800x450

米国報道発表資料抄訳 - 2017 年 9 月 15 日

最新の HDR フォーマット、最大 2K60p までの ProRes 4444 XQ 収録および再生に対応

オランダ アムステルダム、IBC カンファレンス Stand 7.F11 (2017 年 9 月 15 日) ─ AJA 社は IBC 2017において、マルチチャンネル HD レコーダー & 4K/UltraHD/2K/HD レコーダー兼プレーヤー Ki Pro Ultra Plus の新しいファームウェア v2.0 を発表しました。今回のアップデートでは、HLG (ハイブリッドログガンマ) および HDR10 プレイバックを含む最新の HDR フォーマットへの対応、そして最大 2K60p までの ProRes 4444 XQ 収録および再生への対応が追加され、その他の機能改善も行われています。

AJA Video Systems 社、社長 Nick Rashby 氏は以下のように述べています。

「Ki Pro Ultra Plus の新しいファームウェア v2.0 は、最新のワークフローに足並みをそろえてアップデートを顧客へ提供するという、私たちの使命の延長線上にあります。今回のアップデートによって、迅速かつ簡単に HDMI 2.0 対応ディスプレイで HDR10 および HLG 素材をプレイバックしたり、ProRes 4444 XQ 収録 / プレイバックなどを行ったりすることが可能になります。」

価格と販売時期

Ki Pro Ultra Plus ファームウェア v2.0 は、10 月中から公開予定です。AJA のウェブサイトから無料でダウンロードいただけます。Ki Pro Ultra Plus は全世界の AJA 販売代理店ネットワークを通じてご購入いただけます。日本国内の税抜定価は 563,000 円です。

Ki Pro Ultra Plus について

Ki Pro Ultra Plus は、1、2、3 もしくは 4 チャンネルを最大 1080 60p の HD で同時に収録が可能なマルチチャンネルレコーダーであり、かつシングルチャンネルモードでは、フル HDMI 2.0 入出力 (最大 12 ビットのキャプチャおよび出力) に対応した 4K/UltraHD/2K/HD 収録およびプレイバックが可能です。

3G-SDI、HDMI 2.0、オプションの光ファイバー接続など、幅広い I/O への柔軟性と接続性を 2RU ハーフラックサイズに収めました。Ki Pro Ultra Plus は、高画質で 4K/UltraHD と HD ビデオをキャプチャします。コーデックは、プロダクションで広く普及している Apple ProRes と Avid DNxHD MXF に対応しています。

キャプチャ中も 4 チャンネルは Ki Pro Ultra Plus の LCD 画面上に 4 分割で表示されるため、モニタリングが可能です。また HDMI、 SDI、光ファイバーそしてウェブベースの UI へも、同様に 4 分割出力が可能です。

AJA Video Systems について

1993 年の創業以来、AJA Video Systems 社はプロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質でコスト効率の高いデジタルビデオ製品を供給する、ビデオインターフェイスや変換ソリューションの大手メーカーです。 AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、AJA Video Systems 社のウェブサイトをご覧ください。

本リリースに関する問い合わせ先

AFC (AJA Fulfillment Center / エイジェイエイフルフィルメントセンター)
メールアドレス : announce@aja-jp.com
TEL:0120-973-562 / FAX:03-6913-9590
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F