プレスリリース

AJA 社、KONA™、Io™、T-TAP™ 対応の無料デスクトップソフトウェア v13 を発表

desktop software v2 950px

米国報道発表資料抄訳 - 2017 年 4 月 21 日

HDR ワークフロー向けの HLG 対応、Apple® Final Cut Pro® X 向けの 12ビット/ BT.2020 対応、ProRes XQ のプレイバック、KONA IP の JPEG 2000 対応、その他機能の改善と更新

カリフォルニア州グラスバレー (2017 年 4 月 19 日) ─ AJA Video Systems 社は、ビデオ & オーディオ I/O デバイス KONA、Io、T-TAP シリーズに対応するデスクトップソフトウェア v13 を発表しました。これらは NAB Show 2017 の AJA ブース (No SL2505) に出展されます。新しいアップデートでは、ハイブリッドログガンマ (HLG) と JPEG 2000 を使用するワークフローをサポートし、HDR と IP のパイプラインを拡げます。HDR-10 に加え、HLG プレイアウトが AJA KONA 4、Io 4K、KONA IP と Adobe Premiere Pro® を使用して行えるようになりました。さらにデスクトップソフトウェア v13 では、KONA / Io シリーズ向けのソフトウェア AJA Control Room に Linux の互換性が加わりました。その他にもいくつかの機能が改良されています。

JPEG 2000 に対応する TR-01 規格に準拠した KONA IP の新しいファームウェアは、オプションのライセンスとして近日発表予定です。詳細は www.aja.com にてご確認ください。

AJA Video Systems 社、社長 Nick Rashby 氏は以下のように述べています。

「当社のお客様は 4K や IP のワークフローを簡易化する新たな方法を求めていました。今回のソフトウェアのアップデートにより、当社で最も人気の高いデスクトップ製品の機能が向上します。デスクトップソフトウェア v13 には、お客様の求めていた新機能を盛り込みました。HDR ワークフロー向けの HLG 対応の追加や、KONA IP で新たに JPEG 2000 をサポートするアップグレードオプションも追加されました。」

デスクトップソフトウェア v13 の主な機能は以下の通りです。

  • HDR ワークフロー向けに HLG の互換性を追加し、Adobe Premiere Pro と KONA 4、KONA IP、もしくは Io 4K との組み合わせで HLG プレイアウト
  • JPEG 2000 ワークフロー向けの KONA IP の新しいファームウェア・ライセンスオプション (KONA IP 用の JPEG 2000 ファームウェアは、AJA のウェブサイトより直接ご購入いただく、別売りのライセンスです。)
  • Apple Final Cut Pro X と KONA 4、KONA IP、もしくは Io 4K との組み合わせで 12 ビット/ BT.2020 に対応
  • 4K/UltraHD を KONA 4 や Io 4K でキャプチャ中にパススルーしてモニターに表示する際、あるいは 2 台目のワークステーションで HD ベースのオフライン編集する際に役立つ 4K/UltraHD ダウンコンバート機能
  • KONA IP、KONA 4 もしくは Io 4K と Avid Media Composer との組み合わせで 48p をサポート
  • 無料ソフトウェア AJA Control Room を経由して、KONA IP、KONA 4 もしくは Io 4K と Adobe Premiere Pro もしくは Apple FCP X との組み合わせで 12 ビット ProRes 4444 XQ のプレイバックに対応
  • 新しい AJA Control Room ソフトウェアの機能 :
    • KONA / Io 製品で Linux をサポート
    • KONA / Io 製品向けのタイムコードとクローズドキャプションの「Burn-in」オプション
    • KONA / Io 製品を使用して QuickTime ファイル内のオーディオトラックから出力 / モニターしたいチャンネルを選択
    • KONA / Io 用にデッキでのプリロール時間を最大 30 秒まで拡大

デスクトップソフトウェア v13 の無料ダウンロードは AJA のウェブサイトから行えます。 https://www.aja.com/support

KONA IP のオプションである JPEG 2000 ライセンスサポートは有償で提供されます。発売日及び発売価格は近日発表予定です。

AJA Video Systems について

1993年の創業以来、AJA Video Systems 社はプロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質でコスト効率の高いデジタルビデオ製品を供給する、ビデオ インターフェイスや変換ソリューションの大手メーカーです。 AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、AJA Video Systems 社のウェブサイトをご覧ください。

本リリースに関する問い合わせ先

AFC (AJA Fulfillment Center / エイジェイエイフルフィルメントセンター)
メールアドレス : announce@aja-jp.com
TEL:0120-973-562 / FAX:03-6913-9590
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F