Ki Pro Quad

4K/UltraHD/2K/HD ソリッド ステート レコーダー

KiProQuad 1

Ki Pro Quad は、4K/UltraHD/2K/HD ワークフローに役立つ Apple ProRes の効率性、RAW データの柔軟性、ソリッド ステート レコーダー機能、再生機能をコンパクトなボディに統合した製品で、さまざまなカメラに直接取り付けられます。

Ki Pro Quad 概要

1-features cameos block1

扱いやすい 4K ワークフロー

Ki Pro Quad の機能は、主に 4K 制作のニーズとして注目されています。本体内にすぐに編集可能な 4K Apple ProRes ファイルを作成しながら、同時に 4K 出力や HD モニター出力、さらには Thunderbolt 対応のコンピュータやストレージシステムへダイレクトに接続して RAW データを記録することもできます。Ki Pro Quad は、元の品質を保ちながら、高画質且つ低容量のファイルサイズで 4K 収録可能なレコーダーとして、日々高まってきている 4K コンテンツの需要に対応します。

2-features cameos block2

今は HD で、そして必要な時に 4K へ

HD および 2K の解像度でも 4:2:2 および 4:4:4 収録に対応します。4K から 2K/HD へリアルタイムでスケーリングします。ファイル サイズが大きくならないように 4K で撮影して 2K で収録しても、上映品質の画質で作業できます。HDMI 出力は、民生用の HD モニターにも接続することが可能です。Ki Pro Quad は今だけでなく将来のニーズにも対応できます。

4-features cameos block3

パワフル

リアルタイムで高品質の RAW ディベイヤー、4K 解像度の Apple ProRes ファイルへの直接収録、4K から HD へのリアルタイム スケーリングなど、新しいハードウェア ベースの機能が満載です。コンパクトなパッケージでこのような高度機能を実現できるのは AJA だけです。

3-features cameos block4

手頃な価格

Ki Pro Quad は、他の 4K レコーダーよりもかなり低価格ですが、4K プロダクションの需要に見合ったパワーと機能だけでなく、どの価格帯のレコーダーでも提供されていない機能を実現しています。

5-features cameos block5

使いやすい

Ki Pro Quad は、他の Ki Pro ファミリーを成功に導いた実績ある技術により、高品質で低帯域、最大 4K 解像度の ProRes ファイルを作成します。このファイルは、AJA の Pack Dock SSD メディア リーダーを介して簡単に Thunderbolt または USB 3.0 が使えるコンピューターに転送できます。解像度は異なるかもしれませんが、プロセスは同じです。リモート コントロール、自動化、使いやすさやマウンティング オプションなど、Ki Pro Mini と同じ機能を備えているため、ほぼシームレスに Ki Pro Quad に移行できます。

1611-KiProtect KPQ image 1

Ki Protect

Ki Pro Quad は Ki Protect に対応しています。この機能は、メディアドライブが予期せず取り外されたり、収録中に電源が落ちたりした場合にデータを正常に保つのに役立ちます。Ki Protect は、レコードボタンが押された際、映像、音声、タイムコード用の保存スペースが予め自動的にメディアドライブに割り当てられます。

収録中、ファイルのヘッダーは絶え間なくアップデートされ常に新しいデータが書き込まれるので、操作が予期せず中断された際、データの消失を最小限に留めることができます。フレームは保存やリカバリーが行える状態で保存されるので、より安心してオンセットやスタジオで収録を行えます。

6-features cameos block6

4K と HD モニタリング

4K の解像度では、焦点や露出の確認が必要です。これを確認する唯一の方法は、完全で適正な 4K モニタリングを使用することです。Ki Pro Quad では、フル解像度出力を 4K モニターに送信し、リアルタイムの品質チェックを現場で実行することができます。さらにリアルタイム ハードウェア スケーリングにより、民生用およびプロフェッショナル向けの HD モニターに表示する高品質な HD-SDI および HDMI 出力が生成されるため、モニタリング環境を増やすことが可能です。

7-features cameos block7

RAW データのサポート

RAW データは、すべての画像フォーマットを生成することが可能なソースデータです。これは、カメラのネガフィルムに相当します。Thunderbolt™ は、適切に構成されたドライブアレイにケーブル 1 本で RAW データを記録するための帯域幅を提供します。リアルタイムディベイヤーによる 4K ProRes ファイルの記録と同時に RAW データのパススルーも可能にします。

8-features cameos block8

オンボードで信頼のあるモニタリング

Ki Pro Quad では、画面とすべてのユーザー コントロールが同じ側面にあるため、Ki Pro Quad が他の装置と一緒にカメラに取り付けられていても画面とコントロールすべてに手が届くようになっています。これにより、設定メニューだけでなく、入力信号もすぐに参照できます。Ki Pro Quad では、現在のステータスの他、すべての設定情報が備え付けのディスプレイに表示されます。

9-features cameos block9

カメラに直接取り付けられるほどコンパクト

4K カメラは、もはや巨大な機械ではありません。HD カメラと同じように移動性が高く、またそれに見合った収録装置が必要です。Ki Pro Quad は、AJA Ki Pro Mini と側面の寸法が同じであるため、Mini マウンティング プレートといった同じマウンティング アクセサリを使って Ki Pro Quad をカメラ、レール、または必要に応じてあらゆるものに取り付けることができます。

1612-340-cameo data-calc2

AJA DataCalc

デジタイズの前に必要なストレージ容量を計算することで、チームの作業を軌道に乗せます。

OS X 向けの Gatekeeper の認証を獲得しています。

注記:AJA Data Rate Calculator は、すべての KONA カード、Io Express および Io HD のシステム インストールの一部として提供されています。

Mac 版をダウンロード

Windows 版をダウンロード

iOS 版をダウンロード

Android 版をダウンロード

仕様

技術仕様

ビデオフォーマット

  • (4K) 4096 x 2160PsF 23.98, 24, 25*, 29.97*
  • (4K) 4096 x 2160p 23.98, 24, 25, 29.97, 50**, 59.94**
  • (UltraHD) 3840 x 2160PsF 23.98, 24, 25*, 29.97*
  • (UltraHD) 3840 x 2160p 23.98, 24, 25, 29.97, 50**, 59.94**
  • (2K) 2048 x 1080PsF 23.98, 24, 25*, 29.97*
  • (2K) 2048 x 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 50, 59.94
  • (HD) 1080i 25, 29.97, 30
  • (HD) 1080PsF 23.98, 24, 25*, 29.97*
  • (HD) 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 50, 59.94
  • (HD) 720p 23.98*, 25*, 29.97*, 50, 59.94, 60

*注 : 有効なカメラソースおよび Type (タイプ) >PsF の選択が必要となります。

**注 : 入力パススルーのみの収録はサポートされません。

コーデックのサポート

  • Apple ProRes 422
  • Apple ProRes 422 (HQ)
  • Apple ProRes 422 (LT)
  • Apple ProRes 422 (Proxy)
  • Apple ProRes 4444

リムーバブルストレージ

  • スロット x 2、AJA Pak SSD メディア

デジタルビデオ入力

  • 3G/HD-SDI x 4、SMPTE-292/296/424、10-bit (12-bit 入力に対応)
  • 4K または Quad HD 4:2:2 または 4:4:4 (BNC x 4)
  • Dual Link 4:2:2、4:4:4 または Canon Raw (BNC x 2)
  • Single Link 4:2:2、4:4:4 または Canon Raw (BNC x 1)
  • 1D LUT サポート

デジタルビデオ出力

  • 3G/HD-SDI x 4、SMPTE-292/296/424、10-bit
  • 4K または Quad HD 4:2:2 または 4:4:4 (BNC x 4)
  • Dual Link 4:2:2 または 4:4:4 (BNC x 2)
  • Single Link 4:2:2 または 4:4:4 (BNC x 1)
  • HD SDI モニター出力 (最大 2K (2048x1080) 4:2:2 に対応) x 1
  • HDMI v1.4 モニター出力 x 1
  • 1D LUT サポート

デジタルオーディオ入力

  • 8 チャンネル、24-bit SDI エンベデッドオーディオ、48kHz サンプルレート、同期

アナログオーディオ入力

  • 2 チャンネル、24-bit A/D アナログオーディオ、48kHz サンプルレート、バランスド (XLR x 2)
  • 入力レベル:ライン、マイク、マイク + ファンタム 48Vdc
  • +24dbu フル スケール デジタル
  • +/- 0.2dB 20Hz ~ 20kHz 周波数応答

デジタルオーディオ出力

  • 8 チャンネル、24-bit SDI エンベデッドオーディオ、48kHz サンプル レート、同期
  • 8 チャンネル、24-bit HDMI エンベデッドオーディオ、48kHz サンプルレート、同期

アナログオーディオ出力

  • ステレオ アンバランスド ヘッドフォン ジャック (Mini TRS x 1)

タイムコード

  • SDI RP188/SMPTE 12M による SDI BNC
  • LTC 入力 (BNC x 1)

リファレンス入力

  • アナログ ブラックバースト (1V) またはコンポジット シンク (2V または 4V)

ネットワークインターフェイス

  • 10/100/1000 Ethernet (RJ-45)
  • リモート コントロールのためのエンベデッド ウェブサーバー

データインターフェイス

  • Thunderbolt x 1

ユーザーインターフェイス

  • 320x240 LCD ディスプレイおよび 14 個の専用操作ボタン

サイズ (W x D x H)

  • 115.57mm x 72.39mm x 149.606mm (4.55 インチ x 2.85 インチ x 5.89 インチ)

重量

  • 1.1 kg (2.3 lbs)

電源

  • 100-240 VAC 50/60 Hz, 12-18Vdc 4-pin XLR, 最大 5A, 通常 31.2-35.5W ; 最大 41.5W

環境

  • 動作温度 : 0℃ から 40℃ (32°F から 104°F)
  • ストレージ温度 : -40℃ から 60℃ (-40°F から 140°F)
  • 相対湿度 : 0% から 90% (結露なきこと)
  • 動作高度 : 3,000m 未満 (10,000ft 未満)

付属品

  • Monitor Hood x 1
  • Monitor Hood 取付ネジ x 2
  • 電源アダプタ + 電源ケーブル x 各1
  • 保証書

オプション

  • Pak Media (256GB, 512GB, 1TB)
  • Pak Dock
  • Pak-Adapt-CFast
  • マウンティングプレート
  • デスクトップスタンド
  • ロッドアクセサリープレート

※本製品は RoHs 対応製品です。

接続端子

Ki Pro Quad 前面/背面

Ki-Pro-Quad_front
Ki-Pro-Quad_back

オプション

オプション製品

AJA_Pak_Dock

Pak Dock

外付けの SSD リーダー "Pak Dock" は、Thunderbolt™ および USB 3.0 接続が可能なため、メディアをホストコンピューターに高速転送できます。

Pak Dock 取扱説明書をダウンロード

AJA_Pak

Pak256、Pak512、Pak1000 SSD

専用の SSD (ソリッドステート・ドライブ) は、堅固な保護ケースでカバーされており、撮影現場での繰り返し使用にも耐えるように設計されています。

詳細

pak adapt cfast options

Pak-Adapt-CFast

Pak-Adapt-CFast は対応する CFast カードを Ki Pro Ultra および Ki Pro Quad で使用できるようにします。CFast カードに Apple ProRes® ファイルの収録や転送を可能にします。

Mini_Mounting_Plate

Mounting Plate

Ki Pro Quad は、Ki Pro Mini と側面の寸法が同じであるため、両方のモデルで Mini マウンティング プレートのようなオプションを使用できます。 このプレートを使うと、サードパーティー製のデバイスを Ki Pro Quad に付けることが可能になります。

プレートは、Ki Pro Quad 本体に4つのネジで取り付けることができ、 左右どちら側でも、また両側にも取り付けることができます。 プレートにはネジ穴が沢山あるので、サードパーティー製のバッテリープレート、ホットシュー アダプターや他のアプリケーションを Ki Pro Quad に付けることが可能です。

Desktop_Stand

Desktop Stand

このスタンドは机や棚などの平面上で、Ki Pro Quad をしっかりと直立させることができます。 電源と Ki Pro Quad を簡単に接続する直角電源ケーブルが付いています。

また、Ki Pro Mini の OS にはシンプルなメニュー構造が採用されているため、操作が容易です。また、メニューのパラメータは明確で分かりやすい言葉で表示されます。

MRod_Accessory_Plate

Rod Accessory Plate

このオプションは Ki Pro Mini と共通でお使いいただくことができます。Mini マウンティング プレート(別売)と併せて使用することで、お手持ちの 15mm ロッド アクセサリーに Ki Pro Quad を取り付けることができます。 アクセサリー プレートには、Mini マウンティング プレートに対してロッドの高さを調整するノブと、ブラケットのロッドを固定するノブがあります。

Monitor_Hood

モニターフード (同梱)

直接光の下での作業用に、モニターフードが同梱されており、 Ki Pro Quad の筐体にネジで取り付けることができます。これによって、直接光が内蔵のコンフィデンス モニターに入るのを防ぎます。