Ki Pro Quad

4K/UltraHD/2K/HD ソリッド ステート レコーダー

KiProQuad 1

Ki Pro Quad は、4K/UltraHD/2K/HD ワークフローに役立つ Apple ProRes の効率性、RAW データの柔軟性、ソリッド ステート レコーダー機能、再生機能をコンパクトなボディに統合した製品で、さまざまなカメラに直接取り付けられます。

Ki Pro Quad 概要

1-features cameos block1

扱いやすい 4K ワークフロー

Ki Pro Quad の機能は、主に 4K 制作のニーズとして注目されています。本体内にすぐに編集可能な 4K Apple ProRes ファイルを作成しながら、同時に 4K 出力や HD モニター出力、さらには Thunderbolt 対応のコンピュータやストレージシステムへダイレクトに接続して RAW データを記録することもできます。Ki Pro Quad は、元の品質を保ちながら、高画質且つ低容量のファイルサイズで 4K 収録可能なレコーダーとして、日々高まってきている 4K コンテンツの需要に対応します。

2-features cameos block2

今は HD で、そして必要な時に 4K へ

HD および 2K の解像度でも 4:2:2 および 4:4:4 収録に対応します。4K から 2K/HD へリアルタイムでスケーリングします。ファイル サイズが大きくならないように 4K で撮影して 2K で収録しても、上映品質の画質で作業できます。HDMI 出力は、民生用の HD モニターにも接続することが可能です。Ki Pro Quad は今だけでなく将来のニーズにも対応できます。

4-features cameos block3

パワフル

リアルタイムで高品質の RAW ディベイヤー、4K 解像度の Apple ProRes ファイルへの直接収録、4K から HD へのリアルタイム スケーリングなど、新しいハードウェア ベースの機能が満載です。コンパクトなパッケージでこのような高度機能を実現できるのは AJA だけです。

3-features cameos block4

手頃な価格

Ki Pro Quad は、他の 4K レコーダーよりもかなり低価格ですが、4K プロダクションの需要に見合ったパワーと機能だけでなく、どの価格帯のレコーダーでも提供されていない機能を実現しています。

5-features cameos block5

使いやすい

Ki Pro Quad は、他の Ki Pro ファミリーを成功に導いた実績ある技術により、高品質で低帯域、最大 4K 解像度の ProRes ファイルを作成します。このファイルは、AJA の Pack Dock SSD メディア リーダーを介して簡単に Thunderbolt または USB 3.0 が使えるコンピューターに転送できます。解像度は異なるかもしれませんが、プロセスは同じです。リモート コントロール、自動化、使いやすさやマウンティング オプションなど、Ki Pro Mini と同じ機能を備えているため、ほぼシームレスに Ki Pro Quad に移行できます。

1611-KiProtect KPQ image 1

Ki Protect

Ki Pro Quad は Ki Protect に対応しています。この機能は、メディアドライブが予期せず取り外されたり、収録中に電源が落ちたりした場合にデータを正常に保つのに役立ちます。Ki Protect は、レコードボタンが押された際、映像、音声、タイムコード用の保存スペースが予め自動的にメディアドライブに割り当てられます。

収録中、ファイルのヘッダーは絶え間なくアップデートされ常に新しいデータが書き込まれるので、操作が予期せず中断された際、データの消失を最小限に留めることができます。フレームは保存やリカバリーが行える状態で保存されるので、より安心してオンセットやスタジオで収録を行えます。

6-features cameos block6

4K と HD モニタリング

4K の解像度では、焦点や露出の確認が必要です。これを確認する唯一の方法は、完全で適正な 4K モニタリングを使用することです。Ki Pro Quad では、フル解像度出力を 4K モニターに送信し、リアルタイムの品質チェックを現場で実行することができます。さらにリアルタイム ハードウェア スケーリングにより、民生用およびプロフェッショナル向けの HD モニターに表示する高品質な HD-SDI および HDMI 出力が生成されるため、モニタリング環境を増やすことが可能です。

7-features cameos block7

RAW データのサポート

RAW データは、すべての画像フォーマットを生成することが可能なソースデータです。これは、カメラのネガフィルムに相当します。Thunderbolt™ は、適切に構成されたドライブアレイにケーブル 1 本で RAW データを記録するための帯域幅を提供します。リアルタイムディベイヤーによる 4K ProRes ファイルの記録と同時に RAW データのパススルーも可能にします。

8-features cameos block8

オンボードで信頼のあるモニタリング

Ki Pro Quad では、画面とすべてのユーザー コントロールが同じ側面にあるため、Ki Pro Quad が他の装置と一緒にカメラに取り付けられていても画面とコントロールすべてに手が届くようになっています。これにより、設定メニューだけでなく、入力信号もすぐに参照できます。Ki Pro Quad では、現在のステータスの他、すべての設定情報が備え付けのディスプレイに表示されます。

9-features cameos block9

カメラに直接取り付けられるほどコンパクト

4K カメラは、もはや巨大な機械ではありません。HD カメラと同じように移動性が高く、またそれに見合った収録装置が必要です。Ki Pro Quad は、AJA Ki Pro Mini と側面の寸法が同じであるため、Mini マウンティング プレートといった同じマウンティング アクセサリを使って Ki Pro Quad をカメラ、レール、または必要に応じてあらゆるものに取り付けることができます。

1612-340-cameo data-calc2

AJA DataCalc

デジタイズの前に必要なストレージ容量を計算することで、チームの作業を軌道に乗せます。

OS X 向けの Gatekeeper の認証を獲得しています。

注記:AJA Data Rate Calculator は、すべての KONA カード、Io Express および Io HD のシステム インストールの一部として提供されています。

Mac 版をダウンロード

Windows 版をダウンロード

iOS 版をダウンロード

Android 版をダウンロード

Copyright © 2018 AJA-JP