KONA IP

IP パイプライン向けのシンプルで互換性のある I/O

KONA-IP Angle Left

KONA IP は、AJA の KONA シリーズの持つ専門知識や能力、品質と信頼性を 4K/UltraHD および 2K/HD IP ビデオワークフローへもお届けします。

極めて柔軟なビデオおよびオーディオ I/O プラットフォームを備えている KONA IP では、SMPTE ST 2110 では 4K/UltraHD まで、SMPTE ST 2022-6 では 2K/HD までのフォーマットに対応しています。また高可用性アーキテクチャー向けの SMPTE ST 2022-7 で定められている冗長機能にも対応しています。 IP ビデオの普及に不可欠な全てのツールを KONA IP は備えています。

デスクトップでは、KONA IP は Apple® FCPX、Adobe® Premiere® Pro CC および Avid® Media Composer® 、AJA Control Room やその他のメジャーなサードパーティ製コンテンツ作成アプリケーションに対応しています。馴染みのある AJA Control Panel でのキャプチャーもしくは出力時の設定のみ変更していただければ、お気に入りのアプリケーションは変わらずそのままお使い頂けます。

開発者の方向けには、他の SDI および HDMI 製品でご使用されている AJA SDK を同様に KONA IP 向けにもご利用頂けますので、このパワフルな PCIe キャプチャーおよび出力カード向けのアプリケーション作成やシステム構築へ速やかに着手して頂けます。

KONA IP はその他の KONA シリーズと同様、3年間の製品保証とサポートがついております。

製品概要

Card overhead

シームレスに移行

KONA IP は 慣れ親しんだ KONA シリーズの使い心地をそのままに、ハイブリッドな環境でも全て IP 化されたインフラストラクチャーへも順応するよう IP ワークフロー向けに設計されています。

KONA IP はネットワーク冗長/ヒットレススイッチング伝送を含む SMPTE ST 2110、SMPTE 2022-6/7 非圧縮 IP ビデオ規格に対応しています。

1639-software-logos-new

互換性

KONA IP は、代表的な NLE(ノンリニア編集)、コンポジットやストリーミングアプリケーションをサポートしており、慣れ親しんだ AJA Control Room、AJA Control Panel、サードパーティアプリケーション用の AJA プラグインなど、これまで通り AJA のソフトウェアツールと併せて利用できます。

また、KONA IP はダウンストリームキーヤを搭載しており、アルファチャンネルのグラフィック、カラーマットやフレームバッファ、あるいは入力された映像やマット上にあるフレームバッファコンテンツを映像上に付加できます。これによりライブ IP 配信のニーズに応えます。

4987 4969 apple macpro w monitor

Apple Mac Pro に対応

AJA は、Apple の新しい Mac Pro との完全な互換性を提供します。これには、Metal との互換性を備えた AJA Control Room 対応など、様々なアプリケーションの広範な対応が含まれます。

IP 経由でビデオやオーディオを扱うプロダクションにとって、この新しいワークステーションと KONA IP の相性は抜群です。

konaip standards

重要な規格に向けて、ともに前進

KONA IP での SMPTE ST 2110 対応規格は以下の通りです:

  • 2110-10 (System Timing)
  • 2110-20 (Uncompressed video)
  • 2110-21 (Traffic shaping for Uncompressed Video)
  • 2110-23 (Single Video Essence Transport over Multiple ST 2110-20 Streams for 4K/UltraHD)
  • 2110-30 (PCM Audio)
  • 2110-40 (Ancillary Data)

 

放送局や施設では、オーディオ、ビデオやアンシラリーデータ要素の同期が可能となり、 SDI へのエンベッド化、SDI からのディエンベデッド化を必要とせず、また、遅延も減少させます。

4365 NMOS logo 460

AJA NMOS アプリケーション

AJA NMOS アプリケーションは、AJA Desktop Software インストーラーに同梱されているオプションのコンポーネントです。起動すると、ソフトウェアで設定したビデオネットワーク環境の中で NMOS に基づくディスカバリ、レジスタレーションとコントロールが有効になり、アプリケーションはお使いの OS 内のシステム一覧に追加されます。アプリケーションを右クリックすると、ログやステータス情報が確認でき、また必要に応じてアプリケーションを終了することもできます。

AJA NMOS アプリケーションのインストールを実行すると、アプリケーションを自動スタートにするかどうかの選択ダイアログが表示されます。自動スタートを選択した場合は、お使いの PC を起動や再起動されると自動で AJA NMOS アプリケーションがスタートします。

1649-1485-img_konaip_hdmi

HDMI モニタリング

IP では距離が離れていることは問題にならないので、IP インフラさえ整っていれば、世界中のどこにいても編集、プレイバック、配信が行えます。遠隔地からインジェスト、編集、または再生することは、新たな常識です。

KONA IP からの HDMI 出力は最大 60p までのフレームレートに対応しており、どこにいても、費用対効果の高い HDMI ディスプレイでローカルにモニタリングすることが可能です。

1579-HDR_web_image

HDR

HDR (High Dynamic Range) は、標準的な信号に比べ広範囲で高品質な色範囲を提供し、ホワイトはより明るく、色深度はより高く、ブラックはより明るく表示することを可能にします。イメージをより「ダイナミック」にすることで、見たままの自然な色で視聴者へと届けます。

KONA IP は、最新版の Desktop Software において HLG および HDR 10 に対応し、HDMI 2.0a/CTA-861.3 に準拠した HDR インフォフレームメタデータの生成によって、HDMI 対応ディスプレイへ HD の HDR 伝送をサポートします。 HDMI 経由での HLG 対応は、最新版の Apple FCP X および Adobe Premiere Pro CC と互換性があります。

1488 kona ip sfps

スループット

KONA IP では、2 つの 10GigE SFP ケージを用いることでマルチチャンネル IP ビデオワークフローへも対応します。SMPTE ST 2110-23 での 4K/UltraHD 4:2:2 フォーマットや、ST 2022-6 または ST 2110 ワークフロー向け ST 2022-7 冗長対応での 2K/HD/SD 4:4:4 または 4:2:2 フォーマット伝送など、プロジェクトでの必要性に応じて組み合わせることも、KONA IP では可能です。

また 16 チャンネル SDI エンベデッドオーディオや HDMI モニター出力も備えています。

2470 kona ip NAB 2019 Workflow 720

SMPTE ST 2110 ワークフロー

KONA IP を SMPTE ST 2110 ネットワークに接続することで、4K/UltraHD 入力(受信)または 出力(伝送)、もしくは 2K/HD 入出力(パススルー)が可能です。

ワークフローを見る

2802 kona ip smpte2022 workflow

SMPTE 2022-6/7 ワークフロー

SMPTE 2022-6 では、16 チャンネルのオーディオを含む 3G-SDI および 1.5 G-SDI を非圧縮で伝送および分配することが可能です。 SMPTE 2022-7 ではまた、 デュアルネットワーク経路でのデータ伝送を同時に行うことが可能なため、放送局では必ず求められる信号の冗長性も確保できます。

ワークフローを見る

3years warranty image

業界最高水準のサポート

業界で最高水準だと認識されている AJA のテクニカルサポートを、すべての AJA ユーザーが受けられます。導入、設定、操作、技術的な課題など、あらゆる場面で AJA にサポートを仰げます。

KONA シリーズには 3 年間の国際保証が設けられています。

関連情報

日々進化する放送技術に対し、AJA は世界中の放送、制作、ポストプロダクション、システムインテグレーターが将来に渡って使用できる技術を提供しています。

AJA 製品を扱っている販売会社は、以下の購入先情報からご確認いただけます。また、AJA-JP では購入前に製品を実際に確認できる、評価用の機材を無料貸出しています。

Copyright © 2020 AJA-JP