KONA IP

IP パイプライン向けのシンプルで互換性のある I/O

KONA-IP Angle Left

KONA IP は、プロフェッショナルな IP ベースワークフローのために設計されたデスクトップビデオ & オーディオ I/O です。業界で高い評価を得ている AJA の PCIe キャプチャ、プレイバックカード KONA の次世代ラインナップとなる KONA IP は、メジャーなサードパーティ製コンテンツ作成アプリケーションに対応しており、AJA の Control Room、Control Panel ソフトウェアや SDK ツールと併せて作業できます。柔軟性のあるプラットフォームとして設計されており、SMPTE 2022-6 と 2022-7 の非圧縮 IP ビデオに対応しています。オプションでの TR-01 準拠 JPEG 2000 ワークフローと SMPTE 2110 にも近日中に対応予定であり、KONA IP の柔軟性により常に新しい状態で IP への移行を進めることができます。

KONA IP 概要

konaip througput

スループット

KONA IP にはマルチチャンネルの入力あるいは出力を受信/送信あるいは双方を可能にする、有能な 10GigE SFP x2 ケージが搭載されています。現在のワークフローでよく用いられる高品質な非圧縮 4:4:4 または 4:2:2 の2K/HD/SD ビデオ、16 チャンネルエンベデッドオーディオをプロジェクト上でうまく組み合わせることができます。

Card overhead

シームレスに移行

IP 放送の波がやってきました。KONA IP でシームレスに移行しましょう。

KONA IP は、世界中で広く知れ渡っている正統な KONA デスクトップ I/O 製品ラインナップの最新メンバーです。

KONA IP は 慣れ親しんだ KONA シリーズの使い心地をそのままに、現在の 2K/HD/SD ワークフローを提供し、迷うことなく IP ストリームに移行できるよう設計されています。KONA IP は 冗長化された信号との信頼性がある SMPTE 2022-6/7 非圧縮 IP ビデオ規格に対応しており、またオプションでの JPEG 2000 ワークフローも近日中に対応予定です。(JPEG 2000 ライセンスは、別途購入いただく形になります)

KONA IP spftware

互換性

IP パイプラインへと移行する KONA IP は、代表的な NLE(ノンリニア編集)、コンポジットやストリーミングアプリケーションをサポートしており、慣れ親しんだ AJA Control Room、AJA Control Panel、サードパーティアプリケーション用の AJA プラグインなど、これまで通り AJA のソフトウェアツールと併せて利用できます。

また、KONA IP はダウンストリームキーヤを搭載しており、アルファチャンネルのグラフィック、カラーマットやフレームバッファ、あるいは入力された映像やマット上にあるフレームバッファコンテンツを映像上に付加できます。これによりライブ IP 配信のニーズに応えます。

konaip standards

重要な規格に向けて、ともに前進

KONA IP の拡張可能な構造により、時が経っても問題なく素早く適応し、次に向けて行動することが可能です。全ての KONA 製品に共通したファームウェア更新機能が、KONA IP にも対応しています。

AJA は NAB 2017 において、SMPTE 2110 に対応する KONA IP での実演を行いました。ベンダー製品やワークフローを超えたスムーズな相互運用には不可欠な、複数の要素を持つストリームを扱えます。放送局や会社は、オーディオ、ビデオやアンシラリーデータ要素の同期が可能となり、 SDI へのエンベッド化、SDI からのディエンベデッド化を必要とせず、また、遅延も減少させます。

将来のファームウェアアップデートにより、対応コーデックの追加や、VSF TR-04、VSF TR-03 を含むその他の高度な IP プロトコルにも対応していきます。

1639-j2k license image

JPEG 2000 ライセンスオプション

KONA IP の新しいファームウェアライセンスオプションにより、MPEG 2 トランスポートストリームで HD ビデオから JPEG 2000 への圧縮、JPEG 2000 から HD ビデオへの展開をリアルタイムで行うことを可能にします。TR-01 に対応するこのアップデートは、ネットワーク経由で他の JPEG 2000

システムやデバイスとの相互互換性を確実にします。

今回のアップデートでは、3 種類の設定に対応します:

  • JPEG 2000 を同時に最大 2 系統出力
  • JPEG 2000 を同時に最大 2 系統入力
  • JPEG 2000 を同時に 1 系統入力しながら KONA IP を運用しているシステムへ 1 系統出力

Desktop Software v13 以降がインストールされた KONA IP を 1 台で使用する場合は、追加のインストールは必要なく、従来の常識を覆す機能性をクリエイティブアプリケーションに提供します。対応するアプリケーションは、Adobe Premiere Pro、Apple FCP X、Avid Media Composer、AJA Control Room が含まれます。更にシビアな要件を JPEG 2000 ワークフローに求める SDK 開発者向けに KONA IP の 2 台構成にも対応しています。

2308-Facilities JPEG 2000 IP Workflow

J2K ワークフロー: 機能

KONA IP は、AJA IP ミニコンバータートランスミッターおよびレシーバーと連携することができます、これにより、設備を通してワークステーションからインジェスト、出力および表示をすることができます。IP 経由で高品質の JPEG 2000 イメージを使用する時には、AJA IP ミニコンバーターと KONA IP を組み合わせることでベースバンドとブロードバンド IP をシームレスにかつシンプルに橋渡しすることができます。

ワークフローを見る

 
2309-Creative Bay Workflow

J2K ワークフロー: Creative Suite

互換性のある NLE (ノンリニア編集) 、グラフィックおよびカラーグレーディングソフトウェアを使用する時には、KONA IP は AJA IP ミニコンバータートランスミッターおよびレシーバーと互換性をもって IP 経由で高品質の JPEG 2000 イメージを使用ワークステーションからインジェスト、出力および表示をすることができます。このことにより、 ベースバンドとブロードバンド IP をシームレスに橋渡しすることができ、お持ちの機能の可能性を劇的に拡げることができます。

ワークフローを見る

1583-HDR web image

HDR

HDR (High Dynamic Range) は、標準的な信号に比べ広範囲で高品質な色範囲を提供し、ホワイトはより明るく、色深度はより高く、ブラックはより明るく表示することを可能にします。イメージをより「ダイナミック」にすることで、見たままの自然な色で視聴者へと届けます。

KONA IP は Desktop Software v13 以降で HDR10 に対応し、HDMI 2.0a/CTA-861.3 に準拠した HDR インフォフレームメタデータの生成によって、HDMI 対応ディスプレイへ HD の HDR 伝送をサポートします。Desktop Software v13 以降では、最新版の Adobe Premiere CC 向けに HDMI での HLG (ハイブリッドログガンマ)にも対応しています。

konaip hdmi

HDMI モニタリング

IP では距離が離れていることは問題にならないので、IP インフラさえ整っていれば、世界中のどこにいても編集、プレイバック、配信が行えます。遠隔地からインジェスト、編集、または再生することは、新たな常識です。

KONA IP からの HDMI 出力は最大 60p までのフレームレートに対応しており、どこにいても、費用対効果の高い HDMI ディスプレイでローカルにモニタリングすることが可能です。

Copyright © 2018 AJA Fulfillment Center