HDR Image Analyzer

HDR 波形、ヒストグラム、ベクトルスコープモニタリング

hdr image analyzer

HDR Image Analyzer は、HLG、PQ そして Rec.2020 を含む最新の HDR 規格を効果的に分析する包括的なツールを提供します。4K/UltraHD/2K/HD コンテンツをリアルタイムに扱える便利な 1RU のデバイスです。

Colorfront 社との協業によって開発された AJA HDR Image Analyzer には、様々なカメラの Log フォーマットから SDR (REC 709)、PQ (ST 2084)、HLG まで入力可能です。また BT.2020 や従来の BT.709 の色域にも対応しています。卓越した AJA のハードウェア技術と、4 系統の 3G-SDI 入出力、DisplayPort 接続により、高い安定性と性能を保証します。

あらゆる状況で使用するために特別に設計された 1RU のフォームファクターは、様々な環境に適応します。HDR 制作やマスタリングに求められる安定性や予測可能性を提供します。

概要

analyzer image monitor

HDR Analyzer による HDR モニタリング

HDR 制作では、撮影時のカメラから最終的な視聴者が見るディスプレイまで、製作者の美意識に追従するために、処理のすべての段階でモニタリングと分析が行える、確実で予測可能なツールが求められています。

HDR Image Analyzer は HDR 素材のキャプチャ、転送、配信の際、技術選択の制御を完全に行えることを保証します。

HDR Image Analyzer は以下の業務で強力な監視・分析能力を発揮します。

  • ライブプロダクション
  • DIT パイプライン
  • 放送局のモニタリング
  • ポストプロダクション
  • QC (クオリティコントロール)
  • 最終 HDR マスタリング
sony f65

対応入力 : カメラから HDR/SDR

最近のカメラはダイナミックレンジが広いため潜在的に HDR を扱えます。ライブイベント、収録、放送では、HDR 配信に利用されるダイナミックレンジと色域の出力を監視することは非常に大切です。

主要なカメラの Log フォーマットだけでなく、様々なソースの SDR、HLG、PQ モニタリングに対応したことで、HDR Image Analyzer は、難なく HDR のモニタリングが行えます。HDR Image Analyzer に搭載された幅広い分析ツールとタイムコードスタンプを利用した自動エラーログ機能により、確実に求める最終結果が制作できます。

対応カメラ

  • ARRI®
  • Canon®
  • Panasonic®
  • RED®
  • Sony®

色域

  • BT.2020
  • BT.709

入力ダイナミックレンジ

  • SDR (REC 709)
  • PQ (ST 2084)
  • HLG

ビデオ I/O

  • 4 × 3G-SDI I/O 最大 4K/UltraHD 60P
  • SDI 自動信号検出
  • UI 用 DisplayPort、最大 UltraHD 60p
waveform monitor hdr solutions

HDR 分析ツール

HDR Image Analyzer のツールセットには、波形、ヒストグラム、ベクトルスコープモニターに加え、基本的なイメージ分析機能も多数含まれています。Nit 明暗レベルメーター、色域外カラー確認モード、エラーログ機能、ピクセルピッカー、フレーム記憶と画面分割、ラインモード、オーディオフェイズメーターなどです。HDR Image Analyzer は、ARRI®、Canon®、Panasonic®、RED®、Sony® といった主要なカメラのカラースペースも扱えます。

  • 波形
  • ヒストグラム
  • ベクトルスコープ
  • 色域
  • Nit 明暗レベル
  • タイムコードを利用したファイルベースのエラーログ
  • 高度なピクセルピッカーによるデータ分析
  • 誤差許容範囲を使用して、色域外と輝度範囲外を高度に検出

主要なツールと詳細なインターフェイス

(画像クリックで拡大)

logs thumb

カメラログ入力

HDR Image Analyzer はカメラ Log の直接入力が行えます。プロダクションフィードを即座に分析するために、世界中の主要なカメラと直接接続が行えます。

video resolution thumb

ビデオ解像度

素早くアクセスできるビデオの解像度メニューによって、ビデオ解像度の設定を解決します。RGB、YCbCR や 4 分割、2SI の設定に簡単にアクセスできます。

choose setups thumb

設定の選択

プロジェクトとツールの構成の間で、素早く設定の保存と呼び出しが行えます。

scene capture thumb

シーンキャプチャー

シーンをキャプチャーし、素早く呼び出しと保存が行えます。他のスタッフと視覚的に意見を共有できるので、様々な問題を解決するのに役立ちます。

color space thumb

カラースペース

数種類のカラースペースを分析に利用可能です。709、P3、XYZ そして 2020 だけでなく、カメラ固有のカラースペースも利用できます。

HDR Image Analyzer はまた、自動 HDR モード変換により、可能な場合には自動的に HDR カラースペースに変更できます。

waveform lumi color thumb

Waveform Lumi Color

HDR Image Analyzer は、Waveform Lumi Color によって波形を様々に表示させられます。Waveform Lumi Color は、プロジェクトのカラースペース内の輝度と色を美しく組み合わせて表示します。

vectorscope thumb

ベクトルスコープ

ベクトルスコープは、ビデオフレーム内の各ピクセルの彩度を表示します。円の中心ほど低い彩度で表示され、円の端に進むに従って高い彩度で表示します。

vectorscope targeting thumb

ベクトルスコープ照準

ベクトルスコープには拡大機能とスキントーンラインも追加されています。値を手動で思い通りに設定できるので、一連の作業とカメラでスキントーンの結果を一致させる時に特に有効です。

whitepoint thumb

ホワイトポイント

HDR Image Analzyer では、プロジェクトに対し適切なホワイトポイントを設定できます。DCI、D65 の間から選択したり、単に使用しないことも可能です。

cie xy gamut view thumb

CIE XY 色空間表示

HDR モードでは、CIE XY 色域表示を使用してエンコードした色が許容範囲内にあるかどうかの確認が行なえます。これは Rec.2020 カラースペースで作業する時に有効です。実際の画素が P3 の色域内に収まると予想できます。

false color gamut warning thumb

疑似カラー – 色域警告

色域外警告モードを使用すると、問題を抱えた画像のどの部分に原因があるのかはっきりと視覚化できます。その結果は、QC の必要に応じてログファイルに自動的に保存することができます。

pixel picker thumb

ピクセルピッカー

正確さが鍵になりますが、HDR Image Analyzer ならばシンプルに行えます。マウスカーソルをフッテージ上で動かし、ピクセルピッカーで任意のピクセルの Nit レベル、16 進コードまたは 10 進コードの値を読み出せます。

logs thumb

ログ

HDR Image Analyzer は、HDR イベントが P3 で認められた色域や明度から外れていないか検出できます。そして、ログファイルと画面にタイムスタンプ入りでログを残せます。ログファイルは、必要なときにチーム内で共有できるようにまとめられます。

timecode thumb

タイムコード

タイムコードを画面上に重ねて表示することで、シーケンスあるいはショットの中の特定の瞬間に発生している不備を素早く見つけ出す助けになります。

audio metering thumb

オーディオメーター

最大 16 チャンネルをモニタリングできるオーディオレベルメーターが組み込まれていて、ピークの音圧レベルを表示できます。オーディオ波形メーターは、2 チャンネル (ステレオ) または 8 チャンネル (サラウンド) に設定できます。オーディオレベルの警告をログに書き込むように設定することもできます。

analyzer gain thumb

分析ゲイン

分析ゲインを利用して、ゲインを増加させたり減少させたりすることで、特定のフッテージの重要な項目を簡単に目立たせることができます。

hdr image analyzer workflow sm

ワークフロー

HDR Image Analyzer の使い方はシンプルです。

ソースを4 系統の 3G-SDI 入力に接続し、 4 系統の 3G-SDI からループスルー出力し、モニタまたは別の用途で利用することができます。

DisplayPort 端子から UltraHD ディスプレイ (最大 60p) に接続すると、フッテージも HDR Image Analyzer のインターフェイスも最適に視聴できます。DisplayPort から HDMI 接続の HDR モニターに接続するには、DisplayPort から HDMI に変換するアダプターが必要です。

接続方法を確認

HDR Analyzer Audio

拡張機能

高解像度の映像に相応しい高解像度のインターフェイスによって、HDR 向け素材としての美的要素に適うかどうか注視しやすくなります。HDR Image Analyzer では、自然本来の映像が得られます。そして、非常に細かな細部に磨きをかけることで、素材の正確な分析が行えます。

  • 本来の解像度で映像を表示できる、高品質で非常に正確な UltraHD ユーザーインターフェイス
  • ラインモード : 水平線上または垂直線上の特定の箇所に照準を合わせます
  • 静止画の保存
  • 色域外、輝度、カラーモードの不一致、オーディオレベル、波形メーター
Copyright © 2019 AJA-JP