Slide background

FS3 は業界で広く認められた AJA のフレームシンクロナイズ機能と、高品質な 4K アップコンバージョンテクノロジーを兼ね備えており、SD と HD 信号を 4K ワークフローにシームレスに統合します。AJA が持つ適応力の高いスケーリングアルゴリズムと、業界に広く認められたコンバージョンテクノロジーの組み合わせにより、アップコンバートされた映像は最高の品質を保証します。

BNC もしくは ファイバー接続で入力された SD や HD 解像度の SDI を 4K/UHD にアップコンバートし、複数の BNC と ファイバーの出力端子から同時に出力することが可能です。もちろん、FS3 は SD もしくは HD のフレームシンクロナイザーとしても活用できます。また、FS3 は AJA のフレームシンクロナイザーに含まれる、RGB カラーコレクション、ROI (処理領域) スケーリング、拡張性のあるオーディオコントロールとルーティング、Web UI コントロール、GPI トリガーといった業界で認められた特長も備えています。

特徴

4K へアップコンバート

4K へアップコンバート

4K ワークフローへの移行は急激に行われる訳ではありません。かつて良く使われてきた信号やアーカイブ用の素材を 4K 環境で扱えることが求められています。

AJA が持つ適応力の高いスケーリングアルゴリズムと、業界に広く認められたコンバージョンテクノロジーの組み合わせにより、アップコンバートされた映像は最高の品質を保証します。

FS3 は 3G/HD/SD-SDI から 4K/UHD にアップコンバートし、4 系統の 3G-SDI BNC や 2 系統の BNC、またはオプションのファイバー LC SFP で出力します。また 4 分割 (スクエアディビジョン) と 2SI (2サンプルインターリーブ) の出力フォーマットをサポートしています。

驚異的な接続性

驚異的な接続性

FS3 は SD または HD 解像度の信号を SDI 信号として BNC およびファイバー端子で入力します。4K にアップコンバートされた 4K 信号は 2 通りの BNC 接続とファイバー接続によって、他の外部信号分配器を必要とすることなく複数の機器へ出力されます。

また FS3 はルーピングのリファレンス入力によって、使用環境のリファレンス信号を確実にロックします。

※ ファイバーの入出力端子はオプションです。

AJA ハードウェア変換技術

AJA ハードウェア変換技術

FS3 は 他のコンバート製品と同様に AJA の変換技術が採用されており、既存の素材を最高画質の 4K へ変換する事が可能です。

94-features cameos block5

ファイバー I/O オプション

FS3 のファイバー I/O オプションを使用することにより、SDI 変換用のファイバーを別途用意することなく、最長 10 km のファイバーケーブルを直接 FS3 に接続できます。

ファイバー コネクタ対応

  • シングルチャンネル LC コネクタ モジュール
  • シングルチャンネル SC コネクタ モジュール
  • デュアルチャンネル LC コネクタ モジュール
CWDM ファイバー オプション

CWDM ファイバー オプション

オプションのファイバー入出力は多波長の CWDM SFP から選択できるため、単一のファイバー接続よりも高度な信号の多重化が可能です。

CWDM のオプション

  • デュアル TX 1271/1291
  • デュアル TX 1311/1331
  • デュアル TX 1351/1371
  • デュアル TX 1391/1411
  • デュアル TX 1431/1451
  • デュアル TX 1471/1491
  • デュアル TX 1511/1531
  • デュアル TX 1551/1571
  • デュアル TX 1591/1611
クローズドキャプション変換

クローズドキャプション変換

FS3 はクローズドキャプションに対応しており、標準的な CEA-608 および CEA-708 規格を含む SD/HD および 4K フォーマットを変換します。FS3 はフォーマットを変換してもクローズドキャプションを保持するので、変換後に再度挿入し直す必要はありません。

96-features cameos block7

Active Format Description

Active Format Description (AFD) 情報を自動的に設定し、変換する信号に一致させます。 これにより、変換後に AFD 情報を挿入する必要がなく、AFD を認識するデバイスに正確な情報が提供されます。

リモート設定とコントロール

リモート設定とコントロール

FS3 はネットワーク環境で使用でき、SNMP モニタリングと Web ベースのリモートコントロールに対応しています。10/100/1000MB の内蔵 Ethernet ポートにより、あらゆる Ethernet ネットワークに接続できるため、接続したコンピューターの Web ブラウザから複数の FS 機器を制御および設定できます。設定情報は保存して複数の機器に適用できるため、大規模な導入環境においても一貫性を保ち、迅速に設定を行うことができます。

また、使用環境の既存のオートメーションと円滑に統合するため、FS3 はさまざまな機能をトリガーする外部 GPI コマンドを受け入れます。

アーキテクチャ

アーキテクチャ

FS3 は放送エンジニアリングの要求に応えられる信頼性の高いソリューションを提供すると同時に、最大限の柔軟性を発揮するように設計されています。

更にデュアル冗長化電源も搭載されているため、電源に障害が発生した場合でも使用し続けることが可能です。

アーキテクチャを見る

接続

接続性

FS3 は標準的な BNC とオプションのファイバー入出力により、幅広いワークフローや利用環境に順応します。必要に応じて内部のマトリックスルーターを使うことにより、オーディオチャンネルと連動してエンベデッドオーディオを伝送します。

拡大画像を見る

AJA 品質 - 保証

AJA 品質 - 保証

すべての FS 製品は、5 年間保証と AJA のハイレベルな交換ポリシーによって保護されているため安心です。交換が必要と判断した場合は、AJA から交換品を送付いたします。先に元の機器を送り返していただく必要がないため、お客様のダウンタイムを最小限に抑えることができるようになります。

仕様

技術仕様

デジタルビデオ入力

  • 4 × 3G-SDI 入力、2 × BNC と 最大 2 × ファイバー (オプション)
  • 4 入力中 1 入力選択型ビデオプロセッサー
  • SD/HD/3G-SDI、SMPTE-259/292/424、8-bit または 10-bit
    • Single Link SD/HD/3G-SDI
    • Dual Link HD-SDI (2 × 1.5G)、SMPTE -372
    • 3G-SDI Level A、Level B-DL または Level B-DS
  • ファイバー SDI、SMPTE-297、8-bit または 10-bit (オプション)
    • シングルチャンネル LC コネクターモジュール
    • シングルチャンネル SC コネクターモジュール
    • デュアルチャンネル LC コネクターモジュール
  • フォーマットとフレームレート
    • (2K) 2048 x 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 50, 59.94
    • (HD) 1920 x 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 50, 59.94
    • (HD) 1920 x 1080PsF 23.98, 24, 25, 29.97, 50, 59.94
    • (HD) 1920 x 1080i 50, 59.94
    • (HD) 1280 x 720p 50, 59.94
    • (SD) 625i 50
    • (SD) 525i 59.94
    • YCbCr、4:2:2、10-bit

デジタルオーディオ入力

  • 64 チャンネル、4 × 16 チャンネルオーディオディスエンベデッター (SDI インプット毎に 1 チャンネルのディスエンベデッター) 経由
  • SD/HD/3G-SDI、SMPTE-272/299
  • 20-bit SD、24-bit HD/3G、サンプルレート 48kHz
  • 対応する出力リファレンスに合わせた、ドロップサンプルレート/リピートサンプルレート変換

デジタルビデオ出力

  • 12 × 3G-SDI 出力、8 × BNC と 最大 4 × ファイバー (オプション)
  • ビデオプロセッサーはすべての出力に対して送信
  • SD/HD/3G-SDI、SMPTE-259/292/424、8-bit または 10-bit
    • Single Link SD/HD/3G-SDI (シングル SDI を複製して 12 チャンネルのシングル SDI を出力)
    • 4K/UHDp23.98/24/25/29.97 向け デュアル 3G-SDI (デュアル SDI を複製して 6 チャンネルのシングル SDI を出力)
    • 4K/UHDp50/59.94 向け クアッド 3G-SDI (クアッド SDI を複製して 3 チャンネルのシングル SDI を出力)
    • 3G-SDI Level A、Level B-DL または Level B-DS
    • クアッドリンク (4 分割) または 2SI (2 サンプルインターリーブ) 4K/UHD ピクセルマッピング
  • ファイバー SDI、SMPTE-297、8-bit または 10-bit (オプション)
    • シングルチャンネル LC コネクターモジュール
    • シングルチャンネル SC コネクターモジュール
    • デュアルチャンネル LC コネクターモジュール
  • フォーマットとフレームレート:
    • (4K) 4096 x 2160p 23.98, 24, 25, 29.97, 50, 59.94
    • (UltraHD) 3840 x 2160p 23.98, 24, 25, 29.97, 50, 59.94
    • (2K) 2048 x 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 50, 59.94
    • (HD) 1920 x 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 50, 59.94
    • (HD) 1920 x 1080PsF 23.98, 24, 25, 29.97, 50, 59.94
    • (HD) 1920 x 1080i 50, 59.94
    • (HD) 1280 x 720p 50, 59.94
    • (SD) 625i 50
    • (SD) 525i 59.94
    • YCbCr、4:2:2、10-bit

デジタルオーディオ出力

  • 64 チャンネル、4 × 16 チャンネルオーディオディスエンベデッター経由
  • SD/HD/3G-SDI、SMPTE-272/299
  • 20-bit SD、24-bit HD/3G、サンプルレート 48kHz
  • 64 × 64 モノオーディオマトリックス

ビデオプロセッシング

コンポーネントアナログ入力は YCbCr 4:2:2 ピクセルフォーマットに対応し、SMPTE または Betacam レベルに構成可能。コンポジット入力が使用されている場合、コンポーネント入力は使用不可。

  • プロセスアンプ制御
  • カラーコレクター
  • リーガライザー
  • フレームレート変換 (3:2、1:2、2:1)
  • 水平方向コントロール時と垂直方向コントロール時、0 から 6 フレームの遅延
  • クローズドキャプション変換 (CEA-608/CEA-708)
  • AFD 入力検出、ダウンコンバートコントロール、パススルー出力またはオーバーライト出力
  • マニュアル停止時や入力信号を失った際に、ブラックまたは最終的に良好なフレームでフリーズ
  • 背景を埋めるためのマットジェネレーター
  • ビデオテストジェネレーター
  • 映像遅延 (理論値)
    • 4K/UHD、3 フレーム (LFR)、6 フレーム (HFR)
    • HD/SD、2 フレーム (LFR)、4 フレーム (HFR)

フォーマット変換

対応する HD/SD フォーマットの入力に対応する 4K/UHD/HD/SD 出力フォーマットに変換。入力されてから出力されるまで、フレームレートは特定のフレームレートファミリー内に固定。フレームレートファミリーは以下のとおり。
  • 59.94/29.97/23.98
  • 50/25
  • 24

スケーリング

  • ズームインとズームアウト
  • 再配置
  • 関心領域 (ROI)

アップコンバージョン

  • SD/HD/2K → UHD/4K
  • SD → HD/2K
  • ハードウェア 10-bit
  • ズーム 14:9 : 4:3 の映像を僅かに拡大し、黒いサイドバー付きの 14:9 の映像に変換
  • ズーム レターボックス : 映像を全画面になるまで拡大
  • ズーム ワイド : 映像の拡大と水平方向の引き伸ばしを組み合わせて 16:9 の画面に変形 (この設定では若干のアスペクト比の変更が伴います)

ダウンコンバージョン

  • HD/2K → SD
  • ハードウェア 10-bit
  • アナモルフィック: フルスクリーン
  • レターボックス : 映像のアスペクト比を保ったまま上下に黒帯を追加して縮小
  • クロップ : スクリーンサイズに合わせて映像を切り抜き

アスペクト比変換

  • レターボックス : SD アナモルフィック素材をレターボックス化された映像に変形
  • H クロップ : 映像を水平方向に引き伸ばし (アナモルフィック SD をフルフレームに変形)
  • SD ピラーボックス : 左右に黒い線を追加した映像を画面中央に配置、アナモルフィック化した映像を画面中央に配置
  • V クロップ : SD レターボックス素材をアナモルフィック映像に変形

音声処理

  • 64 × 64 モノオーディオマトリックス、1 対 1 接続、1 対多接続
  • 各チャンネルを独立してコントロール
    • ゲイン ± 18 dB (0.5 dB 刻み)
    • ディレイ - 16ms から 256ms (20.8μs 刻み)
    • 位相の反転
  • 5.1 チャンネルまたは 7.1 チャンネルから、ゲイン補正したステレオにミックスダウン
  • オーディオテストジェネレーター

タイムコード

  • SDI BNC 経由の SDI RP188

リファレンス入力

  • ブラックバースト または 3 値シンク
  • ループ、無終端

ネットワークインターフェイス

  • 10/100/1000 Ethernet (RJ-45)
  • リモートコントロールのための組み込みウェブサーバー

マシンコントロール

  • GPI 入出力、15ピン Dコネクター
    • ピン配列
      1 GND 9 GPI OUT 2
      2 GPI IN 1 10 GPI I/O GND 3
      3 GPI IN 2 11 GPI I/O GND 4
      4 GPI IN 3 12 GPI OUT 3
      5 GPI I/O GND 1 13 GPI OUT 4
      6 GPI I/O GND 2 14 NC
      7 GPI IN 4 15 GND
      8 GPI OUT 1    
  • RS-422、Sony 9ピンプロトコル (将来対応予定)

サイズ

  • 444.5mm x 406.5mm x 44.45mm 1RU (17.5 インチ x 16 インチ x 1.75 インチ)

重量

  • 3.6 kg (7.9 lb)

電源

  • 100-240 VAC 50/60 Hz (デュアル冗長電源), 通常 55W ; 最大 80W

環境

  • 動作温度 : 0℃ から 40℃ (32°F から 104°F)
  • ストレージ温度 : -40℃ から 60℃ (-40°F から 140°F)
  • 相対湿度 : 0% から 90% (結露なきこと)
  • 動作高度 : 3,000m 未満 (10,000ft 未満)

付属品

  • 電源ケーブル x 2
  • 保証書